番組概要
番組概要

混迷の時代、「日本の羅針盤」に。
旬のゲストに気になるテーマを生直撃。
小栗泉キャスターが約30年の記者キャリアの全てを注ぎ込んで、ネットでは探せない価値ある情報をゲストからじっくりと引き出します。
右松健太キャスターは真相の深層をゲストに迫り、読売新聞の飯塚恵子編集委員はニュースの見方を示しトークを引き締めます。
一方、金曜日は取材経験豊富な日本テレビ報道局の鈴木あづさ、加藤聡が隔週でキャスターに。
アナウンサーの質問に、ゲストが“速報ニュースになる発言”をすることも!?
1日の終わりに、あなたの「知りたい」に応える。深層NEWS。

キャスターのプロフィール
  • 小栗 泉(日本テレビ報道局解説委員)<月・火>キャスター

    日本テレビ報道局専門局次長 解説委員
    1988年4月入社以来、報道一筋(社会部、政治部、解説室)。
    2007年に日本テレビを退職し、アメリカSAISライシャワー東アジア研究所客員研究員などの経験も。
    復職後、「news every.」での解説や、政治部長を務めるかたわら「news zero」にて解説など。
    さらに信頼される「深層NEWS」を目指す。

  • 右松 健太(日本テレビ報道局)<水・木>キャスター

    2003年アナウンサーとして入社。
    情報番組やスポーツ実況などを務め、2010年から6年間「news zero」キャスター。
    東日本大震災、東京五輪招致IOC総会など国内外のあらゆるニュースを取材、中継した。
    2016年に報道局へ。警視庁記者クラブサブキャップ、政治部野党担当記者を歴任し現職。
    ライフワークは防災、SDGs。趣味はジョギング。

  • 鈴木あづさ(日本テレビ報道局)<隔週金>キャスター

    日本テレビ報道局
    大学時代に米国の大学に留学し、ジャーナリズム学部を卒業。
    報道局で警視庁や皇室などを取材、原子力・社会部デスクを経て、中国総局特派員、国際部デスク。
    帰国後は「NNNドキュメント」のディレクター・プロデューサー、「news every.」のデスク、読売新聞で医療部・社会保障部・教育部の編集委員を務める。
    現在、経済部デスクとして財務省や内閣府を中心に取材。
    記者として、母親として、幅広い視点で語ります。

  • 加藤聡(日本テレビ報道局)<隔週金>キャスター

    日本テレビ報道局
    2008年アナウンサーとして入社
    2010年報道局へ。夕方ニュース「news every.」の現場キャスターを経て、政治部で平河クラブ、官邸クラブ、防衛省クラブを歴任。
    2019年8月から日テレNEWS24「the SOCIAL」プロデューサーを務めると共に、日本テレビのニュースコンテンツのネット展開を担当。

  • 飯塚 恵子(読売新聞編集委員)<月~木>コメンテーター

    読売新聞編集委員
    読売新聞記者として、永田町、霞が関、沖縄から見た日本政治と、ワシントン、ロンドンから見た世界政治を各現場で取材してきた。
    「日本」という国を内と外の両側から見つめ、日本人とは何かを考えるのが、究極の取材テーマ。
    政治報道では、首相官邸や外務省クラブのキャップ、那覇駐在、論説委員など、国際報道では、国際部長、アメリカ総局長、ロンドン特派員などを務めた。近著は「ドキュメント 誘導工作」(中央公論新社刊)。

  • 笹崎 里菜(日本テレビ)<月・火>アナウンサー

    日本テレビアナウンサー。2015年入社。
    情報番組「シューイチ」、「PON!」や「Oha!4 NEWS LIVE」のメインキャスターを経て、「情報ライブ ミヤネ屋」のニュースコーナーを担当。
    またラグビー担当の女性アナウンサーとして2019年ラグビーW杯でも活躍。
    情報・報道・スポーツと幅広いジャンルを担当してきた。

  • 久野 静香(日本テレビ)<水・木>アナウンサー

    日本テレビアナウンサー。2012年入社。
    情報番組「ZIP!」、報道番組「news zero」、「ヒルナンデス!」・「ミヤネ屋」のニュースコーナーを担当。
    レスリングなどのスポーツ中継に携わる一方、「ザ!世界仰天ニュース」では、漁師や海女などに挑戦してきた。

  • 杉野 真実(日本テレビ)<金>アナウンサー

    日本テレビアナウンサー。2012年入社。防災士。書道師範。
    これまで「スッキリ」、「世界まる見えテレビ特捜部」MCを担当。
    「NEWS ZERO」では英語力を生かしたインタビューや海外中継も担当した。
    入社以来「箱根駅伝」中継に携わり、スポーツ実況も担当。

放送形式

スタジオ生・VTR

制作

企画制作:BS日テレ
協  力:読売新聞
製作著作:日本テレビ
シェア
LINE