毎週日曜 11:00~11:30放送

番組概要

上田晋也がプロジェクトリーダーとなり
独自のパラスポーツ応援プロジェクトを次々とスタート!

「ストロングポイント」のナビゲーターを4年半務めたくりぃむしちゅー・上田晋也が旗振り役となり、独自のパラスポーツ応援プロジェクトを次々とスタートさせます。
パラアスリートの願いを叶え、更なる飛躍を応援する「選手激励プロジェクト」、パラアスリートと五輪選手、さらには各界のトップとの対談で進化のヒントを発見する「マッチングプロジェクト」など、様々なプロジェクトを通じ、パラスポーツを楽しく、わかりやすくお伝えします。

次回予告

#190:陸上 辻沙絵

2024年6月16日

今回はパラ陸上短距離100m、200m、400mの日本記録保持者で、
得意種目の400mでは、2016年リオパラリンピックで銅メダルを獲得した辻沙絵選手。
パリでメダル獲得を目指す辻選手と、恩師・水野洋子監督との絆のストーリー。

辻選手と水野監督の出会いは、およそ10年前。
高校時代、健常者のハンドボールで活躍していたことが認められ、
日本体育大学にスポーツ推薦で入学した辻選手。
すると大学2年生の時に、辻選手の身体能力に惚れ込んだ
陸上部・パラ部門の水野監督から陸上部へと誘われました。
すぐには受け入れられなかった辻選手でしたが、
世界で活躍するパラアスリートの姿に感動し、本格的に陸上を始めることに。

そこから、頂点を目指す二人三脚が始まりました。
辻選手のストロングポイントは、ハンドボールで培った瞬発力。
それは、陸上を始めてすぐに発揮され、すぐさま100mと200mで日本新記録を樹立。
リオパラリンピックでは銅メダルを獲得しました。

しかし、東京パラリンピックでは2大会連続のメダルには届きませんでした。

水野監督は合宿や遠征にも全て帯同し、時には夜中まで競技の事で話し合うことも。
常に前向きな水野監督に支えられながら、辻選手は試行錯誤を重ねます。

迎えた去年の世界選手権、辻選手はユニバーサルリレーに出場し、金メダルを獲得。
改めて、個人種目でのメダル獲得に意欲が湧いてきました。

得意の400mでは、東京パラリンピックで課題となった「後半の持久力」をつけるため、
パリに向け取り入れたのが、低酸素トレーニング。
心肺機能を向上させることで持久力の強化を図っています。

苦しい時を乗り越え、パリでメダルを目指す辻選手と水野監督。
二人で歩んできた、パリまでの道のりに迫ります!

※放送内容を変更する場合があります。ご了承ください。

シェア
LINE