毎週日曜 17:30~18:00放送

番組概要

上田晋也がプロジェクトリーダーとなり
独自のパラスポーツ応援プロジェクトを次々とスタート!

「ストロングポイント」のナビゲーターを4年半務めたくりぃむしちゅー・上田晋也が旗振り役となり、独自のパラスポーツ応援プロジェクトを次々とスタートさせます。
パラアスリートの願いを叶え、更なる飛躍を応援する「選手激励プロジェクト」、パラアスリートと五輪選手、さらには各界のトップとの対談で進化のヒントを発見する「マッチングプロジェクト」など、様々なプロジェクトを通じ、パラスポーツを楽しく、わかりやすくお伝えします。

次回予告

#104: チャレンジ PARiS  柔道 廣瀬順子

2022年10月9日

2年後のパリパラリンピックに向けた、選手たちの新たな挑戦に迫る企画
「チャレンジPARiS 〜ROAD to 2024〜」

今回は、リオパラリンピックで銅メダルを獲得し、
東京パラリンピック5位の視覚障害者柔道57㎏級廣瀬順子選手を特集。

金メダル獲得を目指した東京パラリンピックでは涙の敗戦。
休養しながら一時は引退も頭をよぎる中、メダルを逃した悔しさから、
またパリを目指すことを決意。

しかし、そこには大きな試練が待ち構えていました。
今年5月に行われた日本代表選考会では、
長年、日本代表の座を守り続けた廣瀬選手が、
約10年ぶりに日本人選手に敗戦を期したのです。

実は、東京パラリンピック後、クラス分けのルール変更があり
廣瀬順子選手の57kg級前後の階級がなくなり、57㎏級へクラス変更した選手が集中。
廣瀬選手を破ったのは、東京パラリンピック63㎏級で出場していた工藤博子選手。
新たな日本人ライバルの出現です。

今年9月に行われる全日本視覚障害者柔道大会で、
廣瀬選手が敗戦を期した工藤選手との再戦に密着。

復活のポイントは、
「冷静な攻撃」と「釣り手の崩し」

果たして、ライバル工藤選手に勝って、リベンジを果たすのか?
廣瀬順子選手の日本代表を取り戻す挑戦に迫ります。

※放送内容を変更する場合があります。ご了承ください。

シェア
LINE