毎週土曜 18:00~18:54放送 / アンコール放送 毎週日曜 10:00~10:54放送

毎週土曜 18:00~18:54放送 / 
アンコール放送 毎週日曜 10:00~10:54放送

お知らせ

これまで番組で紹介した村を再び訪れ、新たに撮影した村や主人公たちの
‟いまの姿”を、当時の映像と共にお送りいたします。

次回予告

第340回 ポルティコ・ディ・ロマーニャ / エミリア・ロマーニャ州

2021年05月22日 放送

トスカーナ州との境の山間に流れる小さな川沿いに作られた村、ポルティコ・ディ・ロマーニャを6年ぶりに再訪。14世紀の建物が今も現役で使われている。村全体が三層に分かれており、かつては村人の身分によって居住区が決まっていたという。
心温まる村の雰囲気を作りたいと、クリスマスの飾り「プレゼーペ」を長年作り続けてきた、91歳の元小学校教師の女性。長年連れ添った10歳下の最愛の夫に先立たれたが、彼女には心の隙間を埋めてくれるかけがえのない存在があった。
もう一人の主人公は、パートナーと一緒に家畜を飼育しながら、自宅兼工房で自家製のチーズや精肉を生産・販売している女性。16歳になる双子の息子たちは、個性を大切にしてくれた母親の想いに応えるように、自分で選んだそれぞれの道を歩み始めている。
悲喜こもごもの人生に向き合って生きる、二人の女性の物語。

番組概要
美しく生きるということ…。
気候や風土に逆らわず、共存しながら暮らす。
先人たちが築き守ってきた伝統や文化を誇りに思いながら生きる。
人間本来の暮らしが息づく「小さな村」が今、注目されています。 
海を臨む小さな漁村、山肌にはりつくように佇む村、雪に覆われた山間の寒村…。
古き良き歴史と豊穣の大地を持つイタリアで、心豊かに生きる人たち。
〝豊かに暮らす 美しく生きる〟とはどういうことなのか。
私たちが忘れてしまった素敵な物語が、小さな村で静かに息づいていました。
番組ではありのままの時間の流れを追い、
村人たちの普段着の日常を描いていきます。

三上博史

番組ナビゲーターは、イタリアをこよなく愛する個性派俳優の三上博史。
村人たちを見つめ、見守りながら、とある小さな村で出会った人たちの笑顔の理由を、誠実に守られてきた村の尊い歴史を、そっと教えてくれます。
※放送内容を変更する場合があります。ご了承ください。
シェア
LINE