みんなの防災 スイッチON!
~あなたの備えで安心安全な未来へ~

#1「巨大地震と津波に備える」: 8月21日(土)20:54~21:00放送
#2「震災の伝承」: 8月28日(土)20:54~21:00放送
#3「防災教育」: 9月4日(土)20:54~21:00放送
#4「身近な地震防災」: 9月11日(土)20:54~21:00放送
#5「風水害への備え」: 9月18日(土)20:54~21:00放送
#6「生活の復旧・復興への備え」: 9月25日(土)20:54~21:00放送
総集編「みんなの防災スイッチON~今すぐはじめる地震の備え~」:10月2日(土)17:00~17:30放送紀行ドキュメンタリー

総集編:みんなの防災スイッチON~今すぐはじめる地震の備え~
10月2日(土)17:00~17:30放送

災害大国ニッポン。いまや、いつ、どこで、大きな地震災害や水災害が起こっても不思議ではありません。もしもの時に備える現場を取材しました。
10年前、東日本大震災に見舞われた宮城では、震災の記憶を風化させない…過去の教訓を後世に残すことで未来の命を守ろうとする取り組みがありました。
首都直下地震や大規模水害が懸念される首都圏、南海トラフ地震で大津波が襲うことが想定されている四国・愛媛では、自分の町に住む人を助けたいという思いで、防災活動に取り組む子供たちがいました。
昨年、大規模水害に襲われた熊本では、被災の跡が生々しく残る中、生活の再建に励む人がいました。東日本大震災の被災地岩手には、10年の年月をもってしても、元の生活に戻れない現状がありました。
災害発生前にできること、しておくべき備えについてご紹介します。

#6:生活の復旧・復興への備え
9月25日(土)20:54~21:00放送

大規模災害の時は、まずは命を守ることが第一ですが、そのあと待っているのは生活の復旧、復興です。
日常の生活を取り戻すためには、長い時間がかかる場合もあります。
東日本大震災から10年、生活の復興を果たしつつある被災者、そして、昨年の豪雨災害から、今まさに立ち上がろうとしている人を取材して、災害が起こる前からできる生活再建に向けての「備え」について考えます。

#5:風水害への備え
9月18日(土)20:54~21:00放送

毎年のように発生する豪雨災害ですが、いつ発生するかわからない地震に比べれば、事前に備えることで、被害を相当抑えることができるものです。
昨年、歴史的な大水害に見舞われた熊本県人吉市。
浸水の被害は、ハザードマップが示す浸水域のとおりでした。
そんなハザードマップを参考に日頃から水害に備えていたことで、宿泊客を安全に避難させることができた旅館があります。
人吉市の事例を検証しつつ、ハザードマップの重要性と豪雨災害への備えについて考えます。

#4:身近な地震防災
9月11日(土)20:54~21:00放送

歴史的に見て大地震に見舞われた記録が少ない地域であっても、決して「大地震」が起こらないとは限りません。
富山県は、過去にあまり大きな地震に見舞われた経験がなく、地震に対する関心もさほど高い地域では有りません。
そんな富山県で地道に地震防災に取り組む人たちがいます。
まず第1は「家具の固定」。万が一の時に備えて、「命を守る」ために身の回りでできる備えについてご紹介します。

#3:防災教育
9月4日(土)20:54~21:00放送

子どもたちが、万が一災害が起こった時、自分たちの住む地域にどんな危険があるのか、そして、その危険にどう備えるのかを地図にして学ぶ「ぼうさい探検隊」。
こういった活動を通じて、子どものころから防災意識を定着させることが、地域社会により広範に防災の取り組みを根付かせることにつながります。
また、そんな「ぼうさい探検隊」の取り組みがきっかけとなって、避難路の整備など具体的に町が変わっていった事例を紹介します。

#2:震災の伝承
8月28日(土)20:54~21:00放送

東日本大震災から10年が経ち、日常からは震災の記憶が徐々に薄れつつあります。
しかし、被災地では「語り部バスの運行」「命の石碑の建立」など震災の記憶を語り継ぎ、防災意識を広く啓蒙する活動が行われています。
被災当事者にとっては、震災の記憶はなかなか癒えるものではない一方で、経験していない人にとっては、時間とともに記憶の隅に追いやられてしまいます。
「語り継ぐ」ことの意義は、実際経験していない人に被災の体験を語りつなぐことで、地域や世代を超えて、将来必ず襲うであろう地震災害に備えます。

#1:巨大地震と津波に備える
8月21日(土)20:54~21:00放送

東日本大震災以降、南海トラフや首都直下などの巨大地震に対する危機意識も高まっています。
しかし、緊急度の高い千島海溝沖を震源とする海溝型の巨大地震については、あまり周知されていません。
過去、幾度となく北海道を襲った巨大地震について、歴史的な検証を行うとともに、
地元の防災意識、自治体や民間の防災への取り組みなどについて紹介します。

シェア
LINE