松本清張スペシャル

松本清張スペシャル 「書道教授」

松本清張スペシャル
「書道教授」

11月26日(金)18:30~20:54放送

 

【作品概要】

全くタイプの違う女性達との関係の中で、破滅への道へ進んでしまう哀れな主人公の転落の軌跡を描いた悲劇。

京都市内で主に顧客回りをしている銀行員の川上克次(船越英一郎)は、新しく書道教室教授・勝村久子(杉本彩)の担当を任され、その屋敷を訪ねた。久子は、夫を亡くした5年前から書道教室を始めた優雅な物腰の美人で、書体を見て書いた人の運勢を占う筆占いの特技があるという。政治家や芸能人もお忍びで屋敷に出入りしているとの噂も。仕事の話を終えた川上は、書道を多少嗜んでいたこともあり、久子に弟子入りを申し出た。久子は、新規の弟子は取っていないといったん断るが、川上の熱い思いに打たれ、他の弟子や屋敷内の一切を詮索しないとの条件で入門を許可した。

【出演者】

川上克次…船越英一郎、勝村久子…杉本彩、神谷文子…荻野目慶子、他

【スタッフ】

原作:松本清張、脚本:ジェームス三木、監督:山田大樹、他

【NTV初回放送】

2010年3月23日

松本清張スペシャル「共犯者」

松本清張スペシャル
「共犯者」

12月10日(金)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

盗んだ金を元手に事業に成功した女性社長の自己破滅に至る心の闇を描いた推理サスペンス。成功した自分の姿が偶然、写真入りで全国に報道されたことから、主人公は盗みの共犯の女の動向が気になり始める。ひょっとすると自分は共犯の女に強請られるかもしれない――そんな思いから、主人公は、探偵を使ってかつて仲間だった女の調査を始める。そして、その女が詐欺に遭って多額の借金を作って失踪したと知り、疑心暗鬼を募らせる。果たして、主人公の女性社長の運命は? 調査を進めた探偵はどんな事実を掴むのだろうか?
人気レストランチェーンの女性社長・内堀江梨子(賀来千香子)は、IT社長との会食を“親密デート”とマスコミで報道されたことから、ある人物の動向を調査する決意を固める。実は、8年前、江梨子は、神戸・芦屋の豪邸から1億円の現金を盗み出し、共犯の町田夏海(とよた真帆)と折半。その金を元手に今の地位を築き上げた江梨子は、今回の報道で、夏海が自分を強請りに来ることを恐れたのだ。江梨子は、偽名で探偵事務所を訪ね、所長の若杉千香子(室井滋)に夏海の居場所を調査するよう依頼するが…。

【出演者】

出演:賀来千香子,とよた真帆,細川茂樹,浅見れいな,小橋賢児,佐野史郎,あいはら友子,加藤治子,室井滋 他

【初回放送】

日本テレビ2006年5月9日

放送終了作品

松本清張スペシャル 「留守宅の事件」

松本清張スペシャル
「留守宅の事件」

11月12日(金)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

恋した人妻との密会を企てた男の不運。秘密の行動が原因で、犯人と疑われた男が真実を探る。
福島に住む萩野(古谷)のもとに、出張で東北に滞在中だという親友・栗山(内藤)が訪れた。
栗山の妻・宗子(洞口)の近況を聞いた荻野は、宗子に会いたくなり、栗山の留守中に彼の家を訪ねた。宗子は萩野のいとこで、昔愛し合った仲だったのだ。だが宗子も不在で、萩野はそのまま帰宅する。ところがその後、物置から死後数日を経た宗子の遺体が発見された。容疑者にされた萩野は、妻・芳子(余)と真犯人捜しに乗り出す。

【出演者】

萩野光治…古谷一行、栗山敏夫…内藤剛志、高瀬昌子…芳本美代子、萩野芳子…余貴美子、栗山宗子…洞口依子、他

【スタッフ】

原作:松本清張、監督:嶋村正敏、他

【初回放送】

日本テレビ1996年1月9日

松本清張スペシャル 「ゼロの焦点」

松本清張スペシャル
「ゼロの焦点」

10月22日(金)18:30~20:54放送

 

【作品概要】

禎子と結婚したばかりの憲一が、社の仕事の引継ぎのため前任地の金沢へ行ったまま帰ってこない。禎子は金沢へ行き、夫の同僚・本多と調べる。憲一の兄・宗太郎も東京から加わるが、金沢郊外で何者かに毒殺される。禎子の母が「憲一さんは昔、立川で巡査をしていたよ」と禎子に電話してきた。売春婦を取り締まっていたらしい。金沢時代、憲一は室田煉瓦の室田室長を親しくしていたと聞き、禎子が室田を訪ねる。受付の久子が売春婦の使う特殊な英語で外人客に対応している。

【出演者】

禎子…真野あずさ、憲一…並木史朗、宗太郎…岸部一徳、北村警部補…林隆三、ほか

【スタッフ】

原作…松本清張、監督…鷹森立一、ほか

【初回放送】

日本テレビ1991年7月9日

松本清張スペシャル 「微笑の儀式」

松本清張スペシャル
「微笑の儀式」

10月15日(金)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

上野の不忍池のほとりで若い女性の死体が発見された。法医学者の鳥沢(役所)は女性が持っていた似顔絵を見て、36年前に美術界を追放された新井(内藤)を思い出す。
昭和33年、新井はまるで生きているようなほほえみをたたえた女性像を作り、高い評価を得た。出品された展覧会を見に行った鳥沢は、保険会社の調査員・島上(石丸)から、像とそっくりの女性(佳那)が変死したことを聞く。死顔がほほえんだ像とそっくりだったと知った鳥沢は、新井が女性を殺して石こうでデスマスクを取り、像を完成させたのではと推測したのだが…。

【出演者】

鳥沢良一郎…役所広司、新井大介…内藤剛志、宅間添子…佳那晃子、島上忠太郎…石丸謙二郎、ほか

【スタッフ】

原作…松本清張、脚本…金子成人、監督…長尾啓司、ほか

【初回放送】

日本テレビ1995年3月7日

松本清張スペシャル 「霧の旗」

松本清張スペシャル
「霧の旗」

10月8日(金)18:30~20:54放送

 

【作品概要】

冤罪を二度も暴いたことで人気のエリート弁護士・大塚欽也(市川海老蔵)は、予約もなしで訪れた柳田桐子(相武紗季)という若い女に、兄・正夫(カンニング竹山)の弁護をしてほしいと頼まれた。わざわざ福岡から上京して来た桐子は、正夫が強盗殺人の犯人にされ死刑になる可能性もあるという。だが時間的な余裕がない欽也は、同郷を理由に懇願する桐子の依頼を冷たく断る。翌年、欽也は、桐子からの葉書で正夫が獄死したと知る。

【出演者】

大塚欽也…市川海老蔵、柳田桐子…相武紗季、阿部啓一…東貴博、大塚芳子…中澤裕子、柳田正夫…カンニング竹山、ほか

【スタッフ】

原作…松本清張、監督…重光亨彦、ほか

【初回放送】

日本テレビ2010年3月16日

松本清張スペシャル 「地方紙を買う女」

松本清張スペシャル
「地方紙を買う女」

9月3日(金)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

ひとりの女が、男女2人を心中に見せかけ、宮城の山中で毒殺。警察が女の思惑通り事件を心中と断定したため、完全犯罪は成功したかと思われる。だが、女が、事の成り行きを見届けようと、宮城の地方紙を遠く東京で定期購読したことから、完全犯罪に綻びが生じる。その地方紙に小説を連載していた作家が、心中を偽装殺人だと見抜いたのだ。ところが、ベストセラー作家を夢見るこの男が事件にのめり込み、女に恋心を抱いたため、話は思わぬ方向に転がり始める。女の心理と作家の心理が複雑に絡み合った末に待っていたものとは――。松本清張ワールドを十分に堪能できる傑作ミステリードラマである。
宮城県の山中で男女2人を心中に見せかけて殺害した潮田芳子(内田有紀)は、地元で発行されている地方紙を、東京で定期購読して事件のその後を“監視”。まもなく、死体を発見した警察が、事件性のない心中と断定したことから、ホッと胸をなで下ろす。ところが、芳子が新たに働き始めた銀座のクラブに、問題の地方紙に小説を連載している杉本孝志(高嶋政伸)という作家が姿を見せたことから、事件は思わぬ方向に転がり始めて――。

【出演者】

潮田芳子…内田有紀、福田恵…国分佐智子、庄田昭夫…千原ジュニア、石崎俊介…井澤健、原木京子…白川ゆり、潮田美月…伊藤梨沙子、食堂店主…温水洋一、堤早苗…あめくみちこ、工藤静子…左時枝、村木圭子…秋野暢子、杉本孝志…高嶋政伸

【初回放送】

日本テレビ2007年1月30日

松本清張スペシャル 「中央流沙」

松本清張スペシャル
「中央流沙」

5月21日(金)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

その日、通産省情報産業局に激震が走った。埼玉のニューメディアに絡む贈収賄容疑で、検察が地元の業者を逮捕、次に矛先は情報産業局に向けられたのだ。局内で最初に事情聴取を受けたのは、ノンキャリア組の出世頭で、業界の窓口になっていた課長補佐の倉橋秋彦(鶴田忍)。以前、官舎で隣に住んでいた事務官の山田喜一郎(緒形拳)は、自分を飛び越して出世した倉橋に、同情を禁じ得なかった。

【出演者】

山田喜一郎…緒形拳、岡村福夫…石橋凌、西秀太郎…石橋蓮司、倉橋祥子…藤真利子、倉橋秋彦…鶴田忍、他

【スタッフ】

原作:松本清張、脚本:佐伯俊道、監督:三村晴彦、他

【初回放送】

日本テレビ1998年8月4日

松本清張スペシャル 「鬼畜」

松本清張スペシャル
「鬼畜」

2月23日(火)19:30~21:54放送

 

【作品概要】

竹中(たけし)は妻の春江(黒木)と小さな印刷所を経営していた。ある日、竹中の愛人・昌代(室井)がやってくる。昌代は竹中との間にできた3人の子供の養育費を要求。浮気を知った春江は激怒する。その夜、昌代が子供を残して失踪し、竹中は子供の世話をせざるをえない状況に。最初は非協力的な春江も、時折子供たちに優しさを見せる。だが、心を開かない子供たちに春江は態度を硬化。そんな矢先、次男の庄二が窒息死する。

【出演者】

竹中保夫…ビートたけし、竹中春江…黒木瞳、小出昌代…室井滋 他

【スタッフ】

原作:松本清張、脚本:佐伯俊道、監督:田中登 ほか

【初回放送】

日本テレビ2002年10月15日

BS日テレオリジナルドラマ 松本清張「球形の荒野」

BS日テレオリジナルドラマ 松本清張
「球形の荒野」

2月20日(土)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

火サス第1回目の作品をBS日テレ初主演・木村佳乃、寺尾聰で映像化
奈良の寺の芳名帳で、戦時中に亡くなったはずの父の筆跡に似た署名を見つけた久美子の周辺で奇妙な出来事が相次ぐ。久美子の恋人の新聞記者は真相の究明に動くが、事情を知ると思われる外務省の役人や元特派員は謎の動きを見せ、殺人まで起きてしまう。
第二次世界大戦時、日本を救う大義のため国籍や家族を捨てた男が、愛娘への情を捨てきれず、祖国に戻ってきたことをきっかけとして起きる事件を描いた松本清張の代表作。1975年に松竹で映画化。火曜サスペンス劇場第1回目の記念すべき作品が今回、BS日テレオリジナルドラマとして放送決定。

【出演者】

木村佳乃、寺尾 聰、武田真治、市毛良枝、田中健、寺田農 他

【初回放送】

2014年3月9日

BS日テレオリジナルドラマ 松本清張「わるいやつら」

BS日テレオリジナルドラマ 松本清張
「わるいやつら」

1月30日(土)19:00~20:54放送

 

【作品概要】

“どのように美しくても、経済力のない女は虫のように無価値だ”
「サスペンスの帝王」船越英一郎が、初めて自らの意思で殺人を犯す医師を演じる。

1980年に松竹で映画化。
医学界の重鎮だった亡父の後を継ぎ、病院長となった戸谷(とや)信一は、熱心に患者を診療することもなく、経営に専心するでもない。病院の経営は苦しく、赤字は増えるばかりだが、彼は苦にしない。穴埋めの金は、女から絞り取ればいい……。色と欲のため、厚い病院の壁の中で計画される恐るべき完全犯罪。さらなる「わるい」やつがすぐ近くにいることを知らずに―。

【出演者】

出演:船越英一郎、室井滋、床嶋佳子、平山あや、秋野暢子 他

【初回放送】

2014年3月16日

シェア
LINE