放送ラインナップ

放送ラインナップ

#346 東京国立博物館 特別展 「法隆寺 金堂壁画と百済観音」
〜謎多き国宝仏像、23年ぶりに東京へ!金堂の荘厳な美の世界〜
2020年04月28日 放送
法隆寺 守り伝えられる祈りと美

今回は、上野・東京国立博物館で、ふたつの特別展をめぐります。
まずは表慶館で、特別展「体感!日本の伝統芸能」をぶらぶら。ユネスコ無形文化遺産に指定されている、歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊という、5つの伝統芸能の魅力を分かりやすく紹介する展覧会。普段は近くで見られない豪華な舞台衣装の数々や楽器、小道具などをじっくり堪能。
続いて特別展「法隆寺 金堂壁画と百済観音」へ。法隆寺金堂壁画の、貴重な模写が一堂に会しました。飛鳥時代の建立以来、長年非公開だった金堂。幕末以降、壁画を目にした人々は、その美しさを後世に伝えるために、模写制作に挑みました。昭和24年の火災で失われてしまった、在りし日の金堂壁画の荘厳な姿を、模写の数々から体感します。さらに、東京へ23年ぶりのお出ましとなった国宝・百済観音立像とご対面。制作者も由来も不明とされる、多くの謎に包まれた魅惑的なお像の造形や魅力、そして意外な歴史を紐解きます。本当に残念ではありますが、開催中止となり幻となってしまった展覧会、テレビを通じてでもその魅力を感じていただけたら幸いです。

  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined

らぶらぶ美術館

伝統芸能展では、実際に舞台に上がり仕掛けを理解することで、日本の芸能を身近に感じることができます。沖縄の歌舞伎、組踊も気になります。法隆寺展では、改めて世界最古の木造建築に驚かされたばかりでなく、国家プロジェクトとして模写された金堂壁画の精巧さに脱帽です。百済観音はその立ち姿の美しさと、微笑みに癒されました。

information

東京国立博物館    
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」    

※新型コロナウイルス感染防止のため、東京国立博物館は当面は臨時休館を継続します
 それにともない、本展は、大変残念ながら開幕を断念し、中止することといたします

詳細については、公式HPでご確認ください

 
東京国立博物館表慶館 ユネスコ無形文化遺産
特別展「体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」
2020年5月24日(日)まで 

※開幕日が延期となっております。今後の詳細については、展覧会公式HPでご確認ください

  • 開館時間
    9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
    ※ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館
  • 休館日
    月曜日
    ※ただし、5月4日(月・祝)は開館
  • 観覧料金
    一般:1000円
    大学生:500円
    ※障がい者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください
    ※高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は,総合文化展について無料
       入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳,健康保険証,運転免許証など)をご提示ください
  • 場所
    東京都台東区上野公園13-9
  • 電話
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
 
京都市京セラ美術館
特別展「京の国宝―守り伝える日本のたから―」
2020年6月21日(日)まで

※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、当面の間、開催を延期
 今後の詳細については、展覧会公式HPでご確認ください

  • 開館時間
    10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日
    月曜日(ただし5月4日は開館)
  • 観覧料
    一般:1500円(1300円)
    高校・大学生:1100円(900円)
    ※( )は20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※障がい者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料
  • 場所
    京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
  • 電話
    050-5542-8600(ハローダイヤル)
 
シェア
LINE