放送ラインナップ

放送ラインナップ

#361 武蔵野でアートな建築探訪!武蔵野美術大学&江戸東京たてもの園
〜世界が注目する美しい図書館、大正・明治のモダン住居、宮造り「銭湯」巧の技!〜
2020年11月10日 放送
芸術の秋にぴったり!武蔵野・名建築さんぽ

今回は武蔵野で名建築ツアー!
武蔵野美術大学、通称“ムサビ”からスタート。世界中から見学依頼が殺到している注目の建物、武蔵野美術大学 美術館・図書館を見学。美術館と図書館が一体化した建物で図書館は建物全体がガラス張り、館内に入れば、「森」をイメージした巨大本棚!でも、本があまり入っていない!?その秘密を伺います。
さらに一般にも開放されている大学の美術館において、11月16日から始まる日本画家・山本直彰さん(武蔵野美術大学教授)の展覧会、その作品を、ご本人解説でひと足お先にご紹介!
そして、江戸東京たてもの園へ。30もの歴史的建物が移築・復元され、散策するだけでタイムスリップできる空間です。
今回は、大正時代に建てられた田園調布の邸宅からぶらぶら。そして、人気の「子宝湯」へ。昭和4年から約60年間、足立区千住元町で、人々の身も心も温めてきた銭湯です。“東京型銭湯”と呼ばれる外観やおなじみの富士山のペンキ絵…などなど、その巧みの技を堪能。
さらに、現在、開催中の「大銭湯展」へ。なつかしい銭湯グッズが集まった展示に大盛り上がり!男性はシャンプーを使ってなかった?ケロリンの桶は白だった?意外に知らない銭湯トリビアをどうぞ。

  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined

らぶらぶ美術館

今回のぶら美は建物がテーマ。武蔵野美術大学の図書館は、渦巻き状に並ぶ本棚で、普段は手に取らない本との出会いがありそうです。日本画の山本直彰先生の研究室では、「Doorシリーズ」に隠されたメッセージを伺いました。二度目の江戸東京たてもの園は大銭湯展を開催。懐かしい銭湯のグッズなどを知ると同時に、ジブリの舞台にもなった「子宝湯」では、昔ながらの富士山の絵を前にゆったりとした気分になりました。

今回のおすすめミュージアムグッズ

ミンミンぜみ
江戸東京たてもの園のショップで見つけた懐かしい民芸品、竹細工のおもちゃ“ミンミンぜみ”。棒をくるくる回すとセミに付けられた糸と棒の先端に塗られた松ヤニの摩擦で、せみの鳴き声のような音が鳴ります!棒の回し方によって出てくる鳴き方は様々。好きな音色を探してみてください!

information

江戸東京たてもの園
特別展 ぬくもりと希望の空間~大銭湯展2期
  • 開館時間
    2021年1月31日(日)まで
    10月~ 3月 9:30~16:30
    4月~9月 9:30~17:30
    ※入園は閉園の30分前まで
     
  • 休館日
    月曜日 ※月曜日が祝休日の場合はその翌日
    年末年始 ※2020年12月25日(金)~2021年1月1日(金)
     
  • 観覧料
    一般:400円(320円)
    65歳以上の方:200円(160円)
    大学生(専修・各種含む):320円(250円)
    高校生・中学生(都外):200円(160円)
    中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童:無料
    ※( )は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付き添いの方2名は無料
    ※都内の小・中・高校生とその引率者が教育活動として観覧する場合は無料(事前の承認が必要です)
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、シルバーデー、家族ふれあいデーなどのお客様が集中する割引は、当面の間休止させていただきます
    ※2020年10月31日(土)から復元建造物内部の公開を再開、引き続き内部公開の休止を継続する復元建造物もあります。詳しくは、江戸東京たてもの園HPをご覧ください
     
  • 場所
    東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
     
  • 電話
    042-388-3300(代表)
     
武蔵野美術大学美術館・図書館
美術館
  • 開館時間
    月曜日〜金曜日 10:00〜18:00
    土曜日、特別開館日 10:00〜17:00
     
  • 休館日
    日曜日、祝日、展示替期間、入構禁止期間
     
  • 入館料
    無料
    ※学外の方もご利用いただけます
     
  • 場所
    東京都小平市小川町1-736
     
  • 電話
    042-342-6003
     
次回展覧会「Door is Ajar ドアは開いているか 山本直彰展」
2020年11月16日(月)~12月19日(土)
  • 開館時間 
    10:00-18:00(土曜日、11月23日は17:00閉館)
     
  • 休館日
    日曜日
     
  • 入館料
    無料
     
  • 場所
    東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学美術館 展示室3・4
     
  • 電話
    042-342-6003
     
図書館
  •  
    図書館・イメージライブラリーは2020年12月末まで学外の方はご利用いただけません
    当面の間、学外の方の図書館見学も受付を致しません
    詳しくは武蔵野美術大学HPをご覧ください
     
シェア
LINE