放送ラインナップ

放送ラインナップ

#345 祝!10周年スペシャル 春の熱海アートツアー②
〜名建築!文豪の愛した起雲閣と隈研吾の海峯楼、10年間大回顧ベスト3!〜
2020年04月21日 放送
熱海の名建築とぶら美メンバーが選ぶ10年間のベスト3

祝!10周年!2週にわたってのスペシャルアートツアー!舞台は熱海です。
2週目は、熱海を代表する名建築・起雲閣からスタート。別荘として建てられた起雲閣は、旅館として生まれ変わり、太宰治、山本有三、志賀直哉、尾崎紅葉など、日本を代表する多くの文豪に愛されました。初代から2代目、3代目と持ち主が変わるごとに増築や改築を繰り返し、和風と洋風が混在する不思議な美しい空間に、一同、圧倒されつつも興味津々!特に、2代目の持ち主・根津嘉一郎によって増築された洋館は、アールデコの豪華なステンドグラスや、窓貝の螺鈿が施された欄間など、見所が盛りだくさんです。
続いて、1日わずか4組!予約の取れないVIPホテル「ATAMI海峯楼」へ。こちらは、建築家・隈研吾が「水とガラス」をテーマに設計した建物。水の縁側と海が繋がって見えるインフィニティデザインや、全面ガラス張りの小部屋など、非日常的な空間を堪能します。
さらに、番組後半では、10周年を記念して、10年間に見てきた中からメンバーの心に残った「ベスト3」作品を発表します!10年間で出会った作品は実に約7000点!メンバーに選ばれた作品とは一体?

  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined
  • undefined

らぶらぶ美術館

起雲閣の和館では、青漆喰のお部屋や太宰治が「人間失格」を書いたというお部屋を拝見。洋館は、和洋中混じる豪華で不思議な空間です。海峯楼では「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展で紹介されたウォーター・バルコニーを体感できました。日本で唯一のブルーノ・タウト建築「旧日向別邸」も、2022年の再オープンが楽しみです。

information

起雲閣
  • 開館時間
    9:00~17:00
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日
    毎週水曜日(祝日の場合は開館)、12月26日~30日
    ※新型コロナウイルス拡大防止のため2020年5月6日(水)まで臨時休館
  • 利用料金
    大人:510円(410円)
    中・高校生:300円(200円)
    ※小学生以下無料
    ※( )は20名以上の団体、市民、障がい者料金
  • 場所
    静岡県熱海市昭和町4-2
  • 電話
    0557-86-3101
 
ATAMI 海峯楼
  • 宿泊料
    誠波(せいは):2名1室2食付 1泊 15万円~(入湯税別) 
    *料金は時期や部屋ごとに異なります。詳しくはATAMI 海峯楼の公式HPでご確認下さい
  • 場所
    静岡県熱海市春日町8-33
  • 電話
    0557-86-5050
 
シェア
LINE