東京海上日動 Presents 挑戦へのエール -Challenge Stories Next-

毎月1回土曜19:00~19:54

次世代を担う全国の“新星”に、アスリートや文化人、芸術家など、
様々なジャンルの第一線で活躍している人が、人生観や
ブレイクスルーとなった場面を伝え、「挑戦することの大切さ」を届けるドキュメント。

放送内容

第24回 女子レスリング五輪メダリスト 浜口京子からのエール

2018年09月15日 放送

アテネ、北京で2大会連続で銅メダルを獲得。レスリング界の“元祖女王”浜口京子。
今回の舞台は25年来の戦友がコーチを務める新潟のレスリングクラブ。
授業では浜口自身が、誰よりも汗を流し気合い・レスリングの楽しさを全身で届ける!
新星たちは自身の殻を破る事ができるのか!?

第23回 元シンクロナイズドスイミング日本代表 青木愛からのエール

2018年08月25日 放送

井村シンクロクラブで井村コーチからの指導を受け、日本代表まで上り詰めた青木愛。
彼女がエールを送るのは熊本のクラブ。県内唯一という事もあり、2週間後には全国大会を控えている。
しかし、その実力は全国レベルには到底及ばない。
青木の熱血指導を受けた少女たちは全国大会で結果を残すことができるのか。

第22回 柔道家 古賀稔彦からのエール

2018年07月28日 放送

古賀稔彦が女子高校柔道部員にエールを送る。
怪我を抱えたまま臨んだバルセロナ五輪で獲得した金メダルは日本中を感動に包んだ。
そしてアトランタ五輪では決勝でまさかの敗戦。
自身の経験で培った心得を伝授。怒らない、心身の成長を促す古賀流の指導法の真髄とは?

第21回 車いす卓球 別所キミヱからのエール

2018年06月30日 放送

車いす卓球でパラリンピック4大会連続出場を成し遂げた車いす卓球界のレジェンド別所キミヱがエールを送る。
70歳にしていまだ衰えぬ探究心と向上心。車いす卓球の奥深さを新星たちに伝授。

第20回 歌手 天童よしみからのエール

2018年05月26日 放送

演歌に拘らない多彩なジャンルで活躍を続け、多くの人に愛され、支持されている
歌手・天童よしみが長き下積み時代、幼少の頃からの父の教え、そして歌う事の神髄を惜しみなく伝授。
プロの世界へ夢を抱く新星たちにエールを送る!!

第19回 平昌オリンピック金メダリスト 髙木菜那からのエール

2018年04月21日 放送

小柄な体格で世界に挑みこの冬開催された平昌五輪で2つの金メダルを獲得した髙木菜那が新星たちにスペシャルレッスン!!
現役の彼女が“教える事”に挑戦。自分自身も取り入れ、意識している練習。
授業を受ける少年少女も真剣そのもの。
自身を負けず嫌いと評する髙木菜那が送るエールとは!?

第18回 元バドミントン日本代表 小椋久美子からのエール

2018年03月11日 放送

“オグシオ”の愛称で親しまれ、潮田玲子と共に世界と戦い日本のバドミントン界を牽引してきた小椋久美子が登場。
訪れたのは小椋の地元三重県の中学校バドミントン部。
創部間もなく、先生もバドミントン未経験者で選手のレベル、バドミントンへの向き合い方も多種多様。
スポーツに取組むことが初めという人も多い部員たちに小椋が送るエールとは!?

第17回 パラアスリート 陸上 高桑早生からのエール

2018年02月11日 放送

私にとって“初めて走った日”は二回ある。一回目は覚えていない。二回目は、中二のころ。義足になって初めて走った。
中学の卒業文集にそう綴ったのはアジア人最速!100mを13秒台で駆け抜ける義足のスプリンター高桑早生。
今回、彼女がエールを送るのは、様々な理由で義足となり、様々な目標を持った4人の少年・少女。
その中には生まれて始めて競技用の義足を着ける少年の姿も。
元々スポーツが大好きで将来の夢をJリーガーと語る少年は高桑の指導で新しい世界を切り開く。

第16回 書家 紫舟からのエール

2018年01月14日 放送

1000年以上続く書道界に革新的な挑戦で新風を起こしている書家・アーティストの紫舟。
今回彼女がエールを送るのは愛媛県三島高校の書道部員たち。
映画「書道ガールズ!!」のモデルともなり、エンターテインメント性を取り込んだ書道で新たな形を切り開いたクラブだ。
しかし、書道甲子園ではまさかの予選敗退という結果に。
紫舟の原点回帰の授業にこみ上げる想い、こぼれる涙。書道ガールズの挑戦に迫る。

第15回 陸上短距離 末續慎吾からのエール

2017年12月10日 放送

今年6月、9年ぶりに日本選手権の舞台にあの男が帰ってきた。
03年世界陸上パリ大会(20)で日本人短距離初のメダルを獲得、
08年北京五輪では400mリレーでもメダルを獲得。
その裏で起こっていた原因不明の異変、9年にも及ぶ苦悩日々を激白。
名実ともに日本陸上界のエースとして日本中の期待を一身に背負ってきた
末續が空白の期間、短距離界の未来を語り、母校陸上部へエールを送る。

第14回 元全日本女子バレーボール代表 竹下佳江からのエール

2017年11月12日 放送

日本の頭脳として長年全日本のセッターを務めた竹下佳江。
国際大会でも9度のベストセッター賞に輝き「世界最小で最強のセッター」と呼ばれた。
現在、プロチームであるヴィクトリーナ姫路で監督を務めている彼女が
今回は小学生バレーボーラ―に熱血授業!!
セッターの極意、そしてバレーで何よりに大切にしてきた思いを伝える。
さらに悲願のメダルを獲得したロンドンオリンピック秘話を語る。

第13回 元ラグビー日本代表 大畑大介からのエール

2017年10月15日 放送

日本代表58キャップ、世界記録のテストマッチ通算69トライ。
数々の印象に残るトライを積み重ねてきたラグビー界のレジェンド大畑大介が、
創部3年目の女子高生ラグビー部で熱血授業。
大畑が伝えた「考える」「意志を伝える」ことの大切さ、
そして積み重ねる成功体験、できなかった時の「悔しさ」から得るものとは。

第12回 リオパラリンピック 視覚障害者柔道日本代表 廣瀬悠・順子夫妻からのエール

2017年09月10日 放送

リオパラリンピック視覚障害者柔道で日本人女性初のメダリストとなった廣瀬順子。
夫として、順子さんをコーチとしてサポートし、自らも選手としてリオに出場した廣瀬悠。
日本代表として活躍する2人が視覚障害者柔道に取り組む新星達にエールを送る!

第11回 競泳 松田丈志からのエール

2017年08月13日 放送

宮崎県の小さなスイミングクラブで水泳を始め、昨年、引退した松田丈志。
世界を相手に戦い続けてきた松田が自身と同じビニールハウスプールという環境で
水泳に取り組む三重県桑名市のスイマー達にエールを送る!

第10回 プロゴルファー丸山茂樹からのエール

2017年07月09日 放送

日本人選手として唯一PGAツアーで3勝を挙げ世界を舞台に輝かしい実績を残した
プロゴルファー丸山茂樹が母校の高校生ゴルフ部員に熱血指導!!
さらに全ゴルファー必見!!スコア向上に繋がるゴルフテクニックも伝授。

第9回 プロ・フリークライマー野口啓代からのエール

2017年06月11日 放送

リード・ボルダリング・スピードの3種目の複合種目として東京オリンピックの追加競技となったスポーツクライミング。
この競技でメダルを期待されている野口啓代。ボルダリングW杯で年間チャンピオン4回と世界を舞台に活躍している。
その彼女が東京・三宅島の高校生ボルダリング部に熱血授業!!彼女が送る「本気トライ」のエールとは!?

第8回 海洋冒険家 白石康次郎からのエール

2017年05月14日 放送

1994年当時の史上最年少となる26歳の若さで単独無寄港の世界一周を成し遂げ、
昨年、世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」に日本人として初めて参戦した
白石康次郎がエールを送るのは、神奈川県逗子の中学生ヨット部員たち。
未来のヨット界を支える新星たちをこれまで見たこともない大冒険へといざなう!

第7回 元プロ野球選手 山本昌からのエール

2017年04月09日 放送

数々の最年長記録を樹立し中日ドラゴンズのエースとして活躍した山本昌。
今回、彼がエールを送るのは全国大会出場を控える女子高校球児たち。
肩、肘にメスを入れる事無く第一線で活躍し続けた
山本ならではのレッスンはこれまでの常識を覆す理論が目白押し。

特別編 明日へつなぐ名言集

2017年03月26日 放送

これまで登場した6人のパイオニア達。
新星たちへエールを送る授業の中から数々の名言が生まれた。
「明日へつなぐ名言集」ではこれまでの珠玉の名言を厳選してお届けします。

第6回 音楽家 大友良英からのエール

2017年03月12日 放送

歌詞のない曲でありながらもそのメロディーは心を掴み日本中にブームを巻き起こした。
「あまちゃん」のテーマ曲の作者、音楽家・大友良英。
今回、彼がエールを送るのは母校のジャズ研究部。
奇想天外、想像を超える大友の授業は予想外の展開に!?

第5回 マラソン オリンピック2大会連続メダリスト 有森裕子からのエール

2017年02月12日 放送

バルセロナ、アトランタと2大会連続でオリンピックのメダルを獲得した有森裕子。
しかし、周囲からは高校、大学、社会人とランナーとして「才能のある選手」という評価を得ていた訳では無かった。
そんな彼女が母校である就実高校のランナー達に途絶えていた伝統練習「走の基本」を伝授、そして魂のエールを送る。

第4回 空手(個人形) 元世界チャンピオン 宇佐美里香からのエール

2017年01月08日 放送

東京オリンピックの追加種目に決定し、今、注目を集めている競技「空手」
オリンピック正式種目認定のためアンバサダーとして活動し、
現在はナショナルチームのコーチも務める宇佐美里香。
2012年に世界チャンピオンとなり現役を引退したが
その演武は「世界一美しい形(かた)」と称され世界中を魅了した。
そんな彼女が全国大会出場を目指す中学生空手少女達に「形」の極意、そして魂のエールを送る。

第3回 リオオリンピック カヌー銅メダリスト羽根田卓也からのエール

2016年12月18日 放送

アジア人、日本人として初めてカヌー競技のオリンピックメダリストとなった羽根田卓也。
10年に及ぶ、単身スロバキアへの武者修行。父へ送った決意の手紙、その一部を初披露。
羽根田の次の目標は東京五輪の表彰台。
そんな羽根田がエールを送るのはジュニア世代でトップを争う3人の新星達。
世界で戦える選手になるために・・・羽根田が伝えるメッセージとは!?

第2回 リオオリンピック金メダリスト金藤理絵からのエール

2016年11月13日 放送

リオデジャネイロ・オリンピック競泳女子200m平泳ぎで見事金メダルを獲得した金藤理絵。
彼女が今回エールを送るのは自身の母校広島県立三次高校の水泳部。
熱血指導はもちろん水泳の基本ともいえる「蹴伸び」を課題とし、自分たちで考え成長を促す。
果たして金藤が選手たちに伝えたいエールとは!?
さらに、リオデジャネイロオリンピックの7人制ラグビー(セブンズ)のレフリーに選出された川崎桜子レフリーの特集も!!

第1回 炎のストライカー中山雅史からのエール

2016年10月16日 放送

炎のストライカー“中山雅史”が今回エールを送る"新星"はアスルクラロ沼津U-12に所属し、将来の日本代表を目指すサッカー少年たち。日本代表のエースストライカーとして記憶に残るゴールを決めてきた中山が届ける魂のメッセージは少年たちの心を動かし、さらなる成長をもたらす。
更に、全ての挑戦者へ贈る、山中伸弥教授のスペシャルインタビュー&世界を舞台に活躍する卓球台メーカーの志に迫る。

BS日テレ