ストロングポイント

毎週土曜 17:30~18:00放送

放送内容

第79回 ボッチャSP後編

2017年08月19日 放送

重度の障害を持つ人でも戦える「ボッチャ」。パラスポーツならではの競技だが、今年春には、健常者も参加できる初めての大会が、東京で開催されるなど、障がいのあるなしに関わらず、ともに楽しめるスポーツである。
高まる人気をけん引するのは、リオパラリンピックで団体初の銀メダルに導いた日本代表キャプテンで司令塔の杉村英孝選手と、勝利の雄叫びで話題を呼んだエースの廣瀬隆喜選手。
ボッチャは、ジャックボールと呼ばれる白い的球に、ボールをいかに近づけるかを競い合うシンプルなスポーツ。赤と青のチームに別れ、先攻がジャックボールと呼ばれる白い的球を投げてスタート。持ち球は6つ、基本的にはジャックボールから遠いほうのチームが投げてゆき、両チーム、共に持ち球を全て投げ終わった時点で得点を計算する。1ゲームを1エンドといい、1エンドでの持ち球は、個人戦でも団体戦でも6球と決められている。限られた6球をいかに効果的に使うか、「戦況に応じた投球」が勝負の決め手となる。
上田と後藤のボッチャ初体験!リオの銀メダリストと組むペアマッチに突入。赤チームが杉村選手と後藤アナ、青チームが廣瀬選手と上田。チームの球数は、1エンド6球というルールなので、ひとり3球ずつ。2エンド戦う。勝負は、上田のミラクルショットもあり、上田&廣瀬チームの勝利!

  • ©NTV
  • ©NTV
  • ©NTV
  • ©NTV
BS日テレ