ストロングポイント

毎週土曜 17:30~18:00放送

放送内容

第5回 水泳 池 愛里

2016年03月20日 放送

日本水泳界に彗星のごとく現れたシンデレラガール、池愛里選手。数々の日本記録を塗り替えてきた彼女のストロングポイントは、日本人離れした178.5cmの長身から生まれる「身体の大きさを生かした泳ぎ」。
より高いレベルを求めて、オーストラリアでの単身武者修行を行った池選手を取材。苦悩の中で 自分そして水泳と向き合った日々、憧れのリオの舞台を目指し、自分の限界を越えようとする17歳の未知なる挑戦を追う。

2013年、14歳で出場した大会で当時のアジア記録を次々と塗り替え、一躍話題の人となった水泳界の期待の星・池愛里選手。現在17歳の池選手のストロングポイントは「身体の大きさを生かした動き」。身長178.5cmという恵まれた体格が最大の武器だ。
…だが昨年、初めての世界選手権で大きな挫折を味わった。出場した6種目のすべてで予選落ちとなり、世界との差を痛感した。リオさらに4年後の東京を遠く感じた池選手はそこからある行動に出る。自らリサーチをして海外に練習の場を探したのだ。障がいの程度でクラス分けされるという競泳競技。小学校3年の時に小児がんを患い、左足首から先に麻痺が残る池選手が出場するのは一番障害の軽いクラス。〝障がいが軽いからこそ、健常者と同じレベルでの練習環境が必要〟と単身オーストラリアへ渡った。もちろん英語は話せない。17歳で家族の元を離れ、毎日続く練習漬けの日々…。その努力が実ったのは今年1月のこと。100m背泳ぎでリオパラリンピックの参加標準記録を突破し、リオ代表選手候補に内定した。そしてもうひとつ。日本を離れ、自分と向き合うなかで〝水泳に対する自分の本当の気持ち〟を見つけた。
池選手のストロングポイントは「身体の大きさを生かした動き」。進化を続ける池選手が歩む道は東京へと続く。そして、その挑戦はリオデジャネイロから始まる。

  • ©NTV
  • ©NTV
  • ©NTV
  • ©NTV
BS日テレ