パンサーの「競輪、はじめました。」seasonⅡ

毎週土曜 23:00~23:30 放送

放送終了後 パンサーのおまけ動画

放送内容

第20回 パンサーライン★向井×浅井康太② & パンサーライン★岡井×後閑信一

2017年08月19日 放送

競輪番組MCとして競輪選手と信頼関係を築き、選手との距離を縮めようという企画「パンサーライン」。
前回の放送で、浅井選手の強さの秘密に迫り、独自の練習法を体験した向井が、浅井選手の案内でやってきたのは、地元で人気の焼肉屋さん。お目当ては、焼肉屋さんが営むリゾート風のバーベキュー場。基本コースには、食材もついており、何も持たず、手ぶらでバーベキューが楽しめます。

浅井選手が大きな壁にぶち当たったと思ったのが、2009年の日本選手権競輪。このレースで、神山選手にブロックされた浅井選手は後退、勝ったのは神山選手でした。
浅井  このタイミング、このスピードなら捲れるって思った時に、3コーナーでピッタリ止まった、止められました。一瞬で「出るなよ、出てくるなよ」みたいな。S級の壁っていうのは、きついなと実感しました。そのブロックを越えられたら一流になれるのかなって色々考えながらやってきました。 神山さんの前で走る先行選手より前でレースをしようとか、その選手をどかして神山さんを後ろにできるか考えたし、だから(自分は)先行もやるし、自在選手に変わっていく、きっかけになりました。
向井  自分の戦い方が変わったきっかけでもあるんですか?
浅井  これは、本当に初めてこんなの言ったけど。

そして、通算950回以上もレースに出走している浅井選手の生涯ベストレースを聞いてみました!
浅井  S級S班になって、ひとつ目のレース、2010年の立川記念。成田選手と競りになったけど競り負けて 9番手まで引いて、残り半周の絶体絶命レースでしたが、終わってみれば1着でした。
向井  なんで勝てたんですか?
浅井  わからないです。自分でもわかんない。
戦術やレース展開ではなく、鍛え抜いた脚力のみで掴んだ勝利。自らの進化を感じたレースだったそうです。

美味しいお肉と、熱いトークで浅井選手とかなり急接近!ここで最後にして最大のお願い!向井ライン入りをお願いしたところ、快く入ってくれました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

今回は、パンサーライン2本立て!岡井が訪ねたのは、とある農園。そこには、ちょっと厳つい方が農作業をしていました。岡井ラインに狙うのは、後閑信一選手。選手生活27年目を迎えたコワモテの大ベテラン。その圧倒的な存在感に加え、GIを3度も優勝しているトップ選手です。ニックネームは「ボス」。その理由は、当時の国際競輪で、テオ・ボス選手に勝ったレースの時に、実況アナウンサーが、「ジャパニーズ・ボス」と実況、それからボスというあだ名がついたそうです。

岡井  なんで農作業してらっしゃるんですか?競輪選手の方なのに。
後閑  一回原点に返ろうと思って、自給自足。まず食から。

現在、“ボス”は、東京所属の選手だが、群馬に実家があり、約130坪の広さの農園で、16種類の野菜を栽培しているそうです。岡井は、とれたてのミニトマトやスイカをご馳走になります。
岡井  いただきます。あのね、実がパンパン。
後閑  おいしいでしょう。
岡井  こんなハリのあるトマト食べたことない。トマト食べて、こんなはじき飛ばさないですよ。
後閑  まいう!
岡井  ちょっと最初はね、言われると思うんですけど、怖いですよね。
後閑  怖くないですよ。
岡井  やっぱり、人は見た目によらない。走っているところが、見たいと思いました。多分野菜の妖精たちが纏わりつきながらの。
後閑  いいこと言うね。野菜の妖精ね。俺に妖精がついていると思って、頑張るよ。

岡井には、どうしても聞きたいことがありました。2005年のKEIRINグランプリ。岡井ラインの加藤慎平選手が勝ったレースでしたが、ほぼ同時にゴールを通過したのが後閑選手でした。実は、勝利を確信した後閑選手は思わずガッツポーズ、ウイニングラン。しかし、このあと2着だと判明!
後閑  そうですね、勝ったと思いました。加藤君は、失速しながらゴールしてて、自分は加速しながらゴールしてたんで、丁度それが重なったんで、やった!と思ったんすよね。ほんと、グランプリの優勝を味わえましたね。加藤君ありがとう。優勝できてないから、ここまで頑張れたと思います。
常に前向きに、笑顔で戦い続ける「ボス」に岡井感動!

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

ガールズドリーム レース、4人の予想!向井と菅は、2車単ボックス。特に向井はライン仲間の髙木真備選手に注目。尾形は、3連単と2車単。岡井は、小林優香選手が1着でも2着でも当たりの2車単折り返し。結果は、小林選手をゴール寸前かわした髙木真備選手が1着。向井、岡井が的中。21.9ポイント獲得!

優勝した髙木選手を直撃!
ファンの方のおかげで、出させてもらえるレースなので、頑張らなければという気持ちが大きかったです。ファンの方が「頑張って」とか、声をかけてくださっていたので、それが力になって、頑張れたと思います。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想