パンサーの「競輪、はじめました。」seasonⅡ

毎週土曜 23:00~23:30 放送

放送終了後 パンサーのおまけ動画

放送内容

第1回 パンサーライン★稲垣裕之×菅① & 競輪芸能人改造計画★桜 稲垣早希①

2017年04月08日 放送

パンサーの「競輪、はじめました。」seasonⅡ突入!
パンサーが競輪の魅力を様々な角度から伝える「競輪伝道師」に!

©BS日テレ

競輪選手は全力を発揮し勝利を得るため、何人かのチームを組んで走ります。そのチームのことを「ライン」と呼びます。ラインを組む相手は同じ都道府県の選手や練習仲間など、そこには強い信頼関係が求められます。
俺たちも、競輪選手とラインを組みたい!一緒に走るわけではないが、競輪選手と絆を深めることによって、もっと競輪の魅力に迫れるのではないか。そこで尾形・菅・向井の3人が、それぞれのラインを作ることに!
早速、自分の「ライン」を作るために動いたのは、菅良太郎!やってきたのは、京都向日町競輪場。バンクで練習している憧れの稲垣裕之選手を発見し、大興奮。そして、ウォーミングアップを終え、戻ってきた稲垣選手に挨拶。去年のオールスター競輪決勝。初のG1制覇を目指した稲垣選手だったが、わずかな差で2着。レース後流した涙に菅は感動した菅。それからというもの、いつも稲垣選手を中心に予想をしてきました。そして、去年10月の寬仁親王牌で、稲垣選手が初めてG1を制した時も、見事予想的中!菅にとって、まさに最もラインになりたい選手なのです。そんな、憧れの稲垣選手が、菅を練習に誘ってくれました。まずはローラー、稲垣選手の自転車に乗らさせて頂いた菅は、難なくこれをクリアー。そして、室内で実際の自転車に乗っている感覚に近いトレーニングが出来るワットバイクに乗ることに。1分間に130回転、時速65キロのペースで、20秒間の全力ダッシュに挑戦しますが、最高で107回転、終わった後は、ヘトヘトになりました。
体を張った菅に、ビッグチャンスが!稲垣選手が、練習後にお昼ご飯を食べに行くという、行きつけの喫茶店に誘ってくれました。稲垣選手のおススメは、オムライス。そして、稲垣選手店では、「イケメン」として有名だそうです。次回は、稲垣選手に京都向日町ならではのプレゼント!果たして、菅ラインに入ってもらえるのか?

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

1年間競輪を学んだパンサーが、競輪をもっと世に広めるべく、発信力のある芸能人を競輪好きに改造してしまおうという「競輪芸能人改造計画」。記念すべき最初の芸能人は、アニメ、エヴァンゲリオン、アスカのモノマネで大ブレイクし、吉本べっぴんランキングの常連で、関西で絶大な人気を誇る"桜 稲垣早希"。そんな競輪初体験、知識ゼロの稲垣を競輪好きに改造するために、自称アイディアマン・尾形がざっくりとした作戦を考えました。それは、「競輪場に行って、好きな選手見つける」。ということで、稲垣は京王閣競輪場にやってきました。この日は、翌日からのレース開催を控えた前検日。参加選手たちは、身体検査や自転車の車体検査などを行っており、検査に通らなければレースに出場できないという大事な日です。男性ばっかりの中をウロウロする稲垣。選手を好きになるために勇気を振り絞って話しかけます。志村太賀選手、松永晃典選手に、アスカのモノマネを披露します。そして、稲垣が気になっていた"携帯電話使用禁止"の張り紙について質問したところ、「外部と連絡がとれると、公正安全な競技が出来なくなるので、競輪場に入ったら、直ぐに携帯預ける」との事。さらに、インタビューして好きな選手を増やそうということで、次に北京オリンピック・ケイリン種目で日本人初の銅メダルを獲得した永井清史選手を直撃、太ももを触らさせてもらい、競輪選手の凄さを体験。永井選手の太ももは、70センチあるそうです。ここでちょっと変わった選手を発見!一本下駄で体幹を鍛えていたのは、賞金王にも2度輝き、アテネオリンピックの銀メダリストの伏見俊昭選手。続いては、見た目がちょっと怖い後閑信一選手。2013年、地元京王閣で開催されたオールスター競輪で43歳にしてGⅠ優勝を果たしたベテランの星で、実はとっても優しい方です。後閑選手に競輪の一番の魅力を聞いたところ、「やっぱり人間が戦うところ。そして、人力で最速のスポーツで、エンジンが人間なのと、それでみんなが、ぶつかりあってるのが、カッコイイと思う」そうです。インタビューさせてもらった上に、検車場の売店で、ドリンクをおごってもらい、後閑選手を大好きになった稲垣のテンションは最高潮になりました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想