パンサーの「競輪、はじめました。」

放送終了後 パンサーのおまけトーク

放送内容

第27回  寬仁親王牌SP

2016年10月08日 放送

『パンサーの「競輪、はじめました。」』!
競輪初心者のパンサーの3人には、ゼロから知識を身につけてもらいます。

番組スタートから早半年、前回から始まった新コーナー「ガチ予想」。京都向日町記念競輪(GⅢ)決勝の結果は、1着⑨稲垣、2着①村上を予想した管が見事に的中しました!

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

今回のテーマは、「寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」。講師は、筒井大輔さんです。
1990年にヤマダグリーンドーム前橋で開催された世界選手権自転車競技トラック大会。その大会を記念して単発で開催された世界選手権記念競輪が寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントの元になりました。1992年から寬仁親王牌が下賜され、準特別競輪(現在のGⅡ)に格上げされました。1994年第3回大会から特別競輪(現在のGⅠ)へと格上になりました。この大会はオリンピックや世界選手権の出場選手、競輪選手が出場する自転車競技大会、全日本プロ選手権自転車競技大会で上位に入った選手など、S級に在籍している自転車競技に強い選手が出場できるのが特徴です。ここ数年は弥彦競輪場での開催が続いていたが、今年は初開催の地、ヤマダグリーンドーム前橋に帰ってきました。このバンクは、高速バンクと呼ばれ、カントがキツイので、コーナーで外に大きく膨らむことも多く、そのスキにインコースを突ける追い込み選手の台頭も期待できるバンクです。そして、ドームなので風の影響がないため、スピードに優れた選手が力を発揮しやすいバンクと言われています。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

ものまね芸人神奈月が寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントと開催地・ヤマダグリーンドーム前橋を盛り上げます。しかし、競輪と関係する前橋スポットを紹介する神奈月だが、パンサーの予想に役立つ情報は今のところゼロ。訪れたのは、昨年オープンしたばかりのサンドイッチ屋さん「はとぽ」。実は、店長の瀬谷さんは、競輪学校78期卒業の元競輪選手。2014年11月に現役を引退し、サンドイッチ屋をオープン。競輪ファンならグリーンドームに行く途中に是非とも訪れたいお店です。瀬谷さんから、ドームの特徴を教えてもらいました。カントがキツイので自力型・先行型の選手が有利で、そして、内側のコースが空きやすく、その隙を突いて、伸びる選手もいるのでバンク的には、難しいバンクだそうです。ヤマダグリーンドーム前橋に戻ってきた神奈月。武藤敬司になりきり、カントを体験します。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

パンサーの「競輪、はじめました。」 BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想