パンサーの「競輪、はじめました。」

放送内容

第18回 オールスター競輪名勝負

2016年08月06日 放送

『パンサーの「競輪、はじめました。」』!
競輪初心者のパンサーの3人には、ゼロから知識を身につけてもらいます。

今回は、オールスター競輪の名勝負を、どりあんずの二人が教えてくれます。
オールスター競輪は年に6回しかない、超格式高いGⅠレースの1つです。その名の通り、オールスター、ファン投票で選ばれた人気選手が出場する特別な舞台です。これまで、どんな伝説が生まれてきたか?オールスター競輪の名勝負を、どりあんずの二人が教えてくれました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

①どりあんず平井が選ぶオールスター競輪名勝負!「世界のナカノ!」
岸和田競輪場での「第22回オールスター競輪」。国内ではタイトル戦線に不完全燃焼が続いた中野だが、世界選手権3連覇を達成。世界選手権帰りは、「この大会で活躍できない」という当時のジンクスも囁かれる中、ライバルたちとの決勝に臨みます。残り半周、世界のダッシュを見せ、オールスター競輪初優勝。中野浩一自身のベストレース、そしてミスター競輪の伝説はここから加速したそうです。

②どりあんず堤が選ぶオールスター競輪名勝負!「ライバル対決!」
平成の競輪界に東西横綱時代を築いた2人のヒーロー、神山雄一郎と吉岡稔真。2005年オールスター競輪決勝は、最後のGⅠ直接対決となりました。ここまで19回のGⅠ決勝直接対決、優勝回数では吉岡が一歩リード。最後の直線、神山が踏み出し、神山がオールスター競輪最多となる5回目の優勝を勝ち取りました。

③2015年の「第58回オールスター競輪@松戸」も名勝負にあげてくれました。新田祐大が2つ目のGⅠ制覇をしたレースです。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

神スイングで話題の稲村亜美ちゃんが、京王閣競輪場の検車場で石井寛子選手を直撃!石井選手のローラー練習を見学して、さらに自転車にも乗せてもらいす。お返しにと、今度は亜美ちゃんが、バッティングセンターで、石井選手にアドバイス。そして、最後は焼肉を食べ、ガールズトークに花を咲かせます。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

オールスター競輪が行われる松戸競輪場を盛り上げる4代目競輪応援芸人をお願いするのは、どぶろっく。2004年にコンビを結成。真面目な事務所で社長には下ネタを隠してきたという伝説を持つ!もちろん、下ネタだけではなく、時代風刺もできる、どぶろっく。いざ松戸競輪場へ!果たしてどぶろっくはどんな歌ネタを作るのか?

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

パンサーの「競輪、はじめました。」 BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想