パンサーの「競輪、はじめました。」

放送内容

第13回 ラインとはPart2

2016年07月02日 放送

『パンサーの「競輪、はじめました。」』!
競輪初心者のパンサーの3人には、ゼロから知識を身につけてもらいます。

今回は、
「ラインとは~実践編~」

実際のレース映像を見ながら、講義をします。講師は、先週に引き続きどりあんずの二人です。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

競輪でもっともオーソドックスなラインの分かれ方で、こういうレースのことを「3分戦」と言います。ラインは、全力を発揮し勝利するために、他の選手と連携することで、おもに同じ地区の選手と組み戦います。ここでラインに大きな影響を及ぼす全国8つの地区をおさらいしましょう。北から「北日本」、「関東」、そして千葉、静岡、神奈川から成る「南関東」、さらに「中部」、「近畿」、「中国」、「四国」、「九州」、以上の8つです。

  • ©BS日テレ

今回参考にするのは、今年行われた川崎記念初日の第12レース。レースに出場する選手がバンクを周回する事を選手紹介といい、ラインの組み方や並びなども確認することができます。このレースのラインは、南関東地区3車(③松坂・神奈川、④岡村・静岡、⑨郡司・神奈川)中部地区3車(①浅井・三重、⑤山内・愛知、⑦吉村・岐阜)、北日本地区3車(②山崎・福島、⑥永澤・青森、⑧小野・福島)の3分戦。まずは、スタート直後の位置取りに注目。前を取りたかった⑨番紫の郡司が飛び出すと、ラインを組む④番青の岡村が①番白の浅井の前に入りその動きをサポートします。⑦オレンジの吉村、③赤の松坂がそれぞれのラインに加わろうと動きます。前に⑨番・郡司を先頭にする南関東地区ライン、中団に①番・浅井を先頭にする中部地区ライン、後方に②番・山崎を先頭にする北日本地区ラインが形成されました。1週を走りラインが完成。このまま周回を重ねていきます。ラスト2周に差しかかるところで、自分のペースでレースを進めたい②番黒の山崎が動きます。②番・山崎が先頭に立ちペースを落して、他のラインの動きを見ています。打鐘が鳴って残り1周半。このタイミングを計っていた①番・浅井が一気にスパート。後方からは、脚を溜めていた南関東ライン⑨番・郡司がスピードを上げ、中部ラインを追いかけます。⑨番・郡司が中部ラインを追い抜きに掛かったその瞬間、⑤番・山内が牽制を仕掛けます。その時に⑦番・吉村は他のラインが山内との間に入って来ないようにガードします。しかし、⑤番・山内の牽制をかいくぐった南関東ライン。最後は⑨番・郡司の後ろから、③番・松坂がゴール前追い込んで1着。南関東ラインで123フィニッシュとなりました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

中にはこんなレースもあります。パンサー、鬼越トマホーク、いつもここから、AMEMIYA、尾島知佳、このメンバーではどうでしょうか?パンサー、鬼越、いつもここからと、3つのラインがあり、AMEMIYA、尾島は持ち味を生かそうとすると、1人で戦うしかありません。こういう選手を「単騎」と呼びます。ラインを組まない「単騎」の選手にも勝つチャンスはあります。「単騎」の選手が勝つために特に大事なこと、それは「とっさの対応力」です。

  • ©BS日テレ

KEIRINグランプリ2015を単騎で制した浅井康太選手を例に解説してもらいます。近畿地区(④稲垣・京都、⑨村上・京都)、関東地区(⑤武田・茨城、③神山・栃木、⑧平原・埼玉)、北日本地区(②新田・福島、⑦山崎・福島)の3つのラインと、そして、単騎の⑥浅井(三重)、①園田(福岡)になります。
単騎の⑥浅井としては、どんな展開にも対応できるよう集団の真ん中あたりにいます。ラストの第3コーナー手前、③神山をうまくどかして、⑧平原選手の後ろに入った⑥浅井選手は見事、勝利を収めました。例え単騎でもやり方しだいで勝てる!それが良く分かるレースです。この単騎の選手がどう動くんだろ?」って予想するのも競輪の醍醐味と言えます。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

セクシー番長尾島知佳と鬼越トマホークの競輪場紹介プレゼンバトル!今回は鬼越トマホークの2回目の舞台は和歌山。
二人がまずやってきたのは和歌山マリーナシティ。ヨーロッパを思わせる建物や遊園地などがあるテーマパーク。この中ににある釣り堀、魚釣り公園で釣りに挑戦!釣り始めてからわずか30秒でカンパチをつり上げます。さらに、縁起物のタイを釣りたい2人。炎天下の中、粘って真鯛をつりあげます。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

和歌山競輪場は、和歌山の特産物であるミカンをイメージさせるオレンジを基調としたバンク。観客席と近く、迫力あるレースが見られるのも特徴です。和歌山競輪場マスコットキャラクター「わかちゃん」が選手を迎えます。
好き勝手やってきた尾島と鬼越の暴挙に耐えかねたスタッフ。新たなルールを設定。その内容とは、3レースを予想し1レースでも当てないと、次回のロケ先は強制的に決定!しかし競輪初心者の二人。さすがにかわいそうなので、スタッフが助っ人を用意。覆面をかぶったこの男、覆面小僧とは一体誰なんだ!?
覆面小僧の予想を参考に予想をしますが、残念ながらはずしてしまいます。予想2レース目、先ほど覆面小僧の実力に不安を感じた二人。今度は、情報だけを聞き自ら予想をすることに。GⅠを制したこともある⑦番・市田選手から全とおりと予想します。しかし、結果は惨敗。
次週、3レース目を予想!はたして、予想は的中するのか?

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

パンサーの「競輪、はじめました。」 BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想