パンサーの「競輪、はじめました。」

放送内容

第10回 日本競輪学校体験入学③

2016年06月11日 放送

『パンサーの「競輪、はじめました。」』!
競輪初心者のパンサーの3人には、ゼロから知識を身につけてもらいます。

今回は、
「日本競輪学校体験入学③ 登坂走路に挑戦!」

日本競輪学校名物、登坂走路に挑戦!全長280mのうち登坂部80mの最大傾斜は何と30%。まさに目の前に立ちはだかる大きな「壁」を越えられるか?特別講師は、ミスター競輪・中野浩一さんです。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

まずは尾形のチャレンジ!
勢いよくスタートしますが、上り坂でギアを変えようとしたところ、ブレーキを握ってしまったため、もう一度挑戦することに!今度は、ギアを軽くして着実にのぼって行きます!さすが体力自慢の尾形、見事登坂成功!
続いて燃える男・菅の挑戦!スピードがあまり出ず、途中でペダルに足を固定したため豪快に転びます。
最後は、向井。前傾姿勢で飛び出し、歯を食いしばって登っていきますが、スピードが一気に落ち、ペダルから足が外れるアクシデントにも見舞われ、かわいく終わらせます。
元競輪選手・チャーリーも約20年ぶりの挑戦!77期首席のチャーリーは、最後までスピードが落ちず、余裕の笑顔で登り切ります。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

笑いの力で競輪を盛り上げたい!そんな熱い魂を持った芸人を競輪応援芸人に任命!ビッグレース開催地に派遣しレース当日の競輪場を盛り上げてもらいます!
第2弾は名古屋競輪場で開催される「高松宮記念杯競輪」。応援芸人は、“悲しいとき!”“どけどけ”“かわいいね”などで大人気の「いつもここから」。

  • ©BS日テレ

さっそく名古屋競輪場でネタ探し!しかし、二人だけでは心配なので名古屋競輪場をホームバンクとしている近藤龍徳選手と、その師匠にあたる鰐渕正利選手を訪ねます。近藤選手は、日本選手権競輪では初めて決勝に残るなど期待の若手。実は、ご家族は競輪選手だらけ!お父さんをはじめ、おじいさんのご兄弟も競輪選手だったそうです。そして、鰐渕選手は、近藤選手のお父さんに頼まれ、弟子として近藤選手の面倒を見るようになったそうです。さらに、こんな秘話も。近藤選手が、昨年優勝した「第11回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)」では、近藤選手のお父さんと一緒の開催で、テレビで一緒にみていて、お父さんが一番ビックリしていたそうです。
ちなみに近藤選手は、カープ女子ならぬ、「競輪女子」が増えて欲しいそうです。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

ネタ探しの旅イン名古屋!名古屋案内を担当してくれたのは、小宮山あいみさん!名古屋と言えば、モーニング。朝から行列ができる「白壁カフェ 花ごよみ」に。お得なモーニングをいただきます。そして、美味しい名古屋グルメを堪能したいと、「わが家」で“きしめん”“エビフライ”“味噌カツ”“手羽先のから揚げ“を続けていただきますが、ひどすぎる食レポのお詫びにネタ披露。2軒ともに、番組のPRチラシを置かせてもらいました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

パンサーの「競輪、はじめました。」 BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想