パンサーの「競輪、はじめました。」

放送内容

第9回 ガールズケイリン 石井寛子選手&高木真備選手

2016年06月04日 放送

『パンサーの「競輪、はじめました。」』!
競輪初心者のパンサーの3人には、ゼロから知識を身につけてもらいます。

今回は、
「ガールズケイリン」

特別講師として、ガールズケイリンの石井寛子選手と髙木真備選手に来ていただきました。

  • ©BS日テレ

1948年、小倉競輪場で産声を上げた競輪。その翌年には女性選手だけによる「女子競輪」がスタートします。開催当初こそ人気を博した女子競輪でしたが、選手間の力の差やスター選手の引退などで、その人気は徐々に衰退。1964年にその幕を下ろしました。転機となったのは2002年。世界選手権自転車競技大会で女子ケイリンが採用。さらに、ロンドン五輪で正式種目になることが発表されると、女子競輪復活の機運が高まります。すると2008年、エキシビジョンレースとして「ガールズケイリン」が開催。2012年7月その名を引き継ぎ、プロスポーツとしてのガールズケイリンが復活しました。男子の競輪とは異なり、自転車はカーボンフレームを使用。ホイールはディスクホイールおよびバトンホイールを装着します。またルールも国際基準に準拠し、ヨコの動きなどには厳しい判定基準がとられます。現在4期生までがデビューしているガールズケイリン。全国各地の競輪場で男子顔負けのスピードでファンをどんどん増やしています。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

"バンクの小悪魔"石井寛子選手。高校入学直後に自転車部に入部したことから、選手生活をスタート。競輪選手になる前から、日本代表として世界の舞台で活躍し、美人過ぎる自転車選手として注目を浴びました。競輪選手になってからも、デビュー12戦無敗記録を達成、『ガールズケイリンコレクション2013 京王閣ステージ』では、初出場、初優勝を飾るなどその実力は折り紙付きです。カメラマンが撮った写真は必ずチェックして、納得がいかない場合は撮り直してもらうそうです。
"先行の美少女"高木真備選手。中学、高校時代はハンドボールで活躍。全国大会3位の実績をもつが高校卒業後、心機一転、ガールズケイリンの道へ。ガールズケイリンポスター『顔より太もも。』に、同期の小川美咲選手と共に選ばれるなど、現在のガールズケイリンの顔です。その愛らしいルックスに目が行きがちですが、レースはとても攻撃的。1周を先頭で駆け抜ける逃げ切り勝ちですが、優勝を飾るなど、実力も兼ね備えた次世代を担うアイドル選手です。小林さんから見た石井選手は、「クレバーな走りで、位置取りから考えて、勝つための逆算をする選手」、高木選手は「力を出し切るタイプで、ガッツがある選手」だそうです。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

ガールズケイリンの特色①
「ルールが違う」

▽男子は基本9人だが、女子は7人で争います。
▽距離は1600mが基本
▽一周333.3mのバンクなら5周、400mなら4周、500m なら3周。

ガールズケイリンの特色②
「みんな“オシャレ”に四苦八苦」

鍛えるとお尻や、太ももが太くなるので、はけるジーンズが無くなってしまうそうです。

ガールズケイリンの特色③
「選手の経歴がさまざま」

選手の経歴は、さまざまで、スピードスケートやホッケーのオリンピック代表選手、プロビーチバレー選手といった他のスポーツ出身者や、モデル、小学校教師、主婦など実にさまざまです。

ガールズケイリンの特色④
「年に一度"総選挙"がある」

今年のオールスター競輪で実施される単発レース「ガールズケイリンコレクション2016 松戸ステージ」に出場する7選手を決めるのがガールズケイリン総選挙です。昨年の総選挙では、石井選手が1位、高木選手が3位だったそうです。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

セクシー番長・尾島知佳と鬼越トマホークの競輪場紹介プレゼンバトル!
どれだけ競輪場の魅力を引き出せたか、パンサーが判定します。

競輪場紹介プレゼンバトル
尾島知佳~函館編②~

まずは函館で大人気のB級グルメを2軒紹介!1軒目は、函館競輪場から車でおよそ15分、ハセガワストア中道店。名物が「やきとり弁当」。実は、函館近辺では串に刺している肉を「やきとり」と呼び、豚肉がポピュラーな函館では「やきとり」と言えば、普通に豚肉のことなのです。2軒目は、函館限定のハンバーガー店「ラッキーピエロ」。大人気のメニューが「チャイニーズチキンバーガー特上」、鶏の唐揚げに、目玉焼きとチーズをトッピングしボリューム満点。尾島、テイクアウトにして外で食べる事に。オシャレスポットである赤レンガ倉庫へ。早速バーガーをいただきますが、悲劇が襲います。函館のカモメが尾島のハンバーガーを襲います。

函館競輪場へ来た尾島。函館競輪場は、日本最北の競輪場で、冬の間はバンク内に氷を張り、スケート場として利用されています。競輪場内には、家族みんなで楽しめるようにとキッズルームが設けられ、無料で利用出来ます。この日、開催されていたのはナイター競輪。最終レースの発走時間が夜の9時前なので、昼間仕事で来る事の出来ない方でも楽しめます。尾島は金網越しから観戦!選手の脚の筋肉に興奮!さらに、メインスタンドの4階にあるロイヤル席でちょっとリッチな気分で観戦し、競輪を楽しみました。そして、最後に外せないスポットへ。競輪場から車でおよそ30分。函館山山頂の展望台から見渡す夜景は、香港、ナポリと並ぶ、世界三大夜景の一つに挙げられます。

2週に渡った函館競輪場のプレゼン!今回は、特別版ということで石井選手、高木選手に判定してもらいました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

パンサーの「競輪、はじめました。」 BS日テレ TOP 放送内容 ご意見・ご感想