放送内容

#82  山内史子・ニッポン「酒」の旅

2015年11月08日 放送

  • ©BS日テレ

「一斗ちゃん」というあだながつけられるほど、お酒が大好きな紀行作家の山内史子さん。「日本酒を呑むとそれに合う食べ物が浮かぶ」という彼女が紹介する、意外な食べ物との組み合わせとは?旅先で発見!簡単に熱燗を作る方法って?そして、壇店員から山内さんへとっておきのプレゼントが!今日はついついお酒が呑みたくなる1時間です。

筆者のプロフィール

山内 史子(やまうち ふみこ)

1966年生まれ。紀行作家。青森県青森市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。英国ペンギン・ブックス社でプロモーションを担当した後に独立。国内外の史跡や物語の舞台を巡りつつ、旅先で美味美酒を満喫している。日本酒や焼酎の特集、酒蔵訪問など、食の専門誌『dancyu』(プレジデント社)ほか各誌の酒、食関連記事にも数多く携わってきた。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

ニッポン「酒」の旅

旅呑みを極める!
現地で飲む酒はなぜか旨い。そこには地元でしか見かけない酒や、郷土料理と合わせて初めてひらくおいしさなど、行ってみなければわからない美酒美食の数々が待つ。
仕事で、プライベートで、全国を「酒」と一緒に旅する著者による、酒天国ニッポンの酒旅案内。

蜜読コーナー 売り込み本

『「なりたい人」になるための41のやり方』サンマーク出版

《内容紹介》
「世界で初めて」と「世界で勝つ」を目標としてきた著者が教える、最高の人生を手に入れる方法。本書は、研究者として緑内障の原因遺伝子「ミオシリン」を発見し、医者として、数々の手術をおこなって腕を磨き、米国で起業して創薬会社をつくり、さらにそれを日本で上場させた著者が、自分が目標とする人……つまり、「なりたい人」になるための方法を書いた本です。「なりたい人」になるためには、つらい努力をえんえんと続ける必要もありません。楽しくて、ついついやってしまう。楽しいからやめられない。そんな毎日を送るだけで、「なりたい人」になれる41のやり方を知りたいと思いませんか?
《著者プロフィール》
窪田 良(くぼた りょう)
アキュセラ・インク、会長・社長兼CEO。慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。慶應義塾大学医学部客員教授。研究過程で緑内障原因遺伝子であるミオシリンを発見、「須田賞」を受賞。眼科専門医として緑内障や白内障などの執刀経験を持つ。その後、2000年に渡米。ワシントン大学で助教授として勤務。2001年に独自の細胞培養技術を発見する。2002年4月にシアトルの自宅地下室でアキュセラ・インクを設立、東証マザーズに上場させる。現在「飲み薬による失明の治療」を目指し、加齢黄斑変性など、さまざまな眼科治療薬を開発している。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ