放送内容

#76  特別編 大相撲から米国基地問題まで!&直木賞作家 東山彰良 ご来店

2015年09月27日 放送

  • ©BS日テレ

今回は特別編。話題の新書を一気読み!そして、今年の直木賞を受賞された東山彰良さんがご来店!有名作家が名を連ねる選考委員の満票で選ばれた「流」。この作品が生まれるきっかけ、普段の執筆活動、影響を与えた作家など、壇店員が東山さんの素顔に迫ります!

  • 沖縄の米軍基地 「県外移設」を考える(高橋哲哉/集英社新書)
  • 御社の寿命(帝国データバンク情報部+中村宏之/中公新書ラクレ)
  • なぜ、日本人は横綱になれないのか(舞の海秀平/WAC BUNKO)
  • 情報の「捨て方」(成毛眞/角川新書)

蜜読コーナー 売り込み本

「流」(講談社)

《内容紹介》
何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ?誰が?無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡。
第153回直木賞受賞作。
《著者プロフィール》
東山彰良(ひがしやま あきら)
1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に移る。福岡県在住。2002年、「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。2003年、同作を改題した『逃亡作法TURD ON THE RUN』で作家デビュー。2009年『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。2013年に刊行した『ブラックライダー』が「このミステリーがすごい!2014」第3位、「AXNミステリー 闘うベストテン2013」第1位、第67回日本推理作家協会賞候補となる。
近著に『ラブコメの法則』『キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド』がある。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ