放送内容

#51  外山滋比古・知的生活習慣/又吉直樹・火花

2015年04月05日 放送

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

91歳、現役の評論家・外山滋比古さん。久米書店開店以来、最高齢のお客様。
これまでの勉強法は間違えている!?知識はなんの意味もない!?外山さんが教える頭をよくする方法とは!?これを見れば、あなたも知の巨人になれるかも!?
そして、ピース・又吉直樹さんが「火花」を携えて来店。純文学デビューの裏側に壇蜜が迫る!

筆者のプロフィール

外山 滋比古(とやま しげひこ)

1923年生まれ。東京文理科大学英文学科卒業。『英語青年』編集長を経て、東京教育大学、お茶の水女子大学で教鞭を執る。お茶の水大学名誉教授。専門の英文学をはじめ、日本語、教育、意味論などに関する評論を多数執筆している。著書に『思考の整理学』『「読み」の整理学』『ライフワークの思想』(以上、ちくま文庫)、『知的創造のヒント』『ことわざの論理』(以上、ちくま学芸文庫)、『忘却の整理学』(筑摩書房)、『ユーモアのレッスン』(中公新書)、『日本語の論理』(中公文庫)など多数。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

知的生活習慣

さまざまな日常の局面におけるちょっとした工夫を習慣化することで、老若男女を問わず誰でも日々向上することができる。90歳を越えた今も知的創造を続ける知の巨人による、『思考の整理学』日常生活実践編。

蜜読コーナー 売り込み本

「火花」 文藝春秋

《内容紹介》
笑いとは何か、人間とは何かを描ききった、「文學界」を史上初の大増刷に導いた、ピース・又吉直樹による初の純文学小説。
売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。果たして二人の運命は…。
又吉直樹(またよし なおき)
1980年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中。著書に『第2図書係補佐』『東京百景』、せきしろとの共著に『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』、田中象雨との共著に『新・四字熟語』がある。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ