放送内容

#42  清水重憲・プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ

2015年02月01日 放送

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

現役最強のプロ・キャディ、清水重憲さん。男女通算24勝、メジャーで5勝をあげているゴルフ界の優勝請負人。キャディの仕事は過酷を極める。真夏は、毎大会数名のキャディが熱中症で倒れるという。収入のほとんどは成功報酬。つまり、選手が勝たなければ生活は成り立たない。そんな知られざるキャディの世界の裏事情、プロゴルファーとのつき合い方、そしてゴルフの必勝法まで。ゴルフはもちろん、ビジネスにも役立つ貴重なお話を伺う。

筆者のプロフィール

清水重憲(しみず しげのり)

1974年生まれ。大阪府出身、近大卒。男女プロゴルファーの優勝をアシストしてきたプロ・キャディ。男女メジャー5勝、男女ツアー計24勝へ導いてきた。現在、韓国人プロのイ・ボミ選手とキャディ契約、参戦している。2014年は藤田寛之プロ1勝、イ・ボミプロ3勝と計4勝していて“優勝請負人”と呼ばれている。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ

田中秀道、谷口徹、上田桃子、イ・ボミ、藤田寛之らを優勝へと導く現役最強のキャディ本。観戦も楽しくなるスコアも縮まる! プロ・キャディのテクニックにはスコアアップのポイントが沢山!!勝利には必ず「裏付け」がある!!アマチュアゴルファーへ贈るスコアアップテクニック。 さらに清水氏手書きのヤーテージメモをもとに優勝ラウンドの裏側を解説。ゴルフトーナメント中継が100倍楽しくなるはず。

蜜読コーナー 売り込み本

「快眠力 健康のすべては、快眠から始まる!」 ワック

《内容紹介》
体と脳を休め、昼間傷ついた細胞を修復するのが夜の睡眠だ。だから、健康であるための根本は、よい睡眠をとることなのだ。質の悪い睡眠は、動脈硬化の原因になる高血圧を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中につながり、また、糖尿病やがんのリスクも高める。そして、睡眠障害の中でも怖いのが、睡眠時無呼吸症候群である。これは、睡眠中に呼吸が一時的に止まる状態を繰り返す病気で、無呼吸がない人と比較すると、その発症率で、心筋梗塞は6.9倍、心臓突然死は2.6倍、脳卒中は3.3倍にのぼる。本書は、睡眠障害のメカニズムと、どうしたら質のよい睡眠がとれるのかを、分かり易く徹底解説した。
《著者プロフィール》
[著者] 成井 浩司(なるい こうじ)
虎の門病院 睡眠呼吸器科部長。
1956年東京生まれ。東海大学医学部卒業。虎の門病院睡眠センターセンター長、呼吸器センター内科医長を経て現職。1992年、シドニー大学コリン・サリバン教授のもと、無呼吸症の資料機器CPAPの共同開発に携わる。日本睡眠学会睡眠専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医。
著書に『睡眠時無呼吸症候群がわかる本』(法研)、『睡眠時無呼吸症候群のすべて』(三省堂)、『意外とこわい睡眠時無呼吸症候群』(講談社+α新書)などがある。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ