放送内容

#30  片田珠美・他人を攻撃せずにはいられない人

2014年11月09日 放送

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

暴言を吐く夫、部下をけなす上司、陰口を言うママ友・・。あなたの周りにもいるかもしれないこうした人々は、他人を支配する欲を持った危険人物である可能性が高いそうだ。精神科医の片田珠美さんは、こうした人々に不当に貶められた結果、人生を狂わせてしまったり、心に深い傷を負わされた被害者を何人も見てきたと言う。他人の幸せを見ると破壊せずにはいられない邪悪な人々、彼らは言い訳の達人で、善人を装う技に長けている。そのため対処は非常に困難で、ターゲットにされていることすら気づかないケースもあるそうだ。今回は、精神科医が語る世にも恐ろしい人間関係のお話です。

筆者のプロフィール

片田珠美(かただたまみ)

広島県生まれ。精神科医。京都大学非常勤講師。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第八大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。DEA(専門研究課程修了証書)取得。パリ第八大学博士課程中退。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から分析。
『無差別殺人の精神分析』(新潮選書)、『一億円総ガキ社会』(光文社新書)『一億総うつ社会』(ちくま新書)、『正義という名の凶器』(ベスト新書)など著書多数。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

他人を攻撃せずにはいられない人

「攻撃欲の強い人」とはどんな人か。多くの場合、攻撃される側は、ターゲットが抵抗できないが、それは一体なぜなのか。何のためにそんなことをするのか。結果どんな影響を及ぼすのか。はたして、攻撃欲の強い人と、どう向き合い対処すべきか。本書で明らかにする。
自分のために、人生を台無しにされないために――職場や家族に潜む「害になる人」の精神構造を知る!

蜜読コーナー 売り込み本

「本当に頭がいい子の育て方」ダイヤモンド社

《内容紹介》
試験に合格&社会で輝くために必要な7つの力。佐賀県で日本初の官民一体型学校で小学校と提携する「花まる学習会」の本当に頭がいい子の育て方。勉強ができるだけでなく、社会に出てメシが食える大人になるための「①魅力」「②体力」「③やる気」「④言葉力」「⑤見える力&詰める力」「⑥親子力」「⑦遊ぶ力」の7つの力
《著者プロフィール》
高濱正伸(たかはま まさのぶ)
花まる学習会代表。1959年、熊本県生まれ。県立熊本高校卒業後、東京大学へ入学。同大学大学院修士課程修了。
1993年、小学校低学年向けの「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を重視した学習教室「花まる学習会」を設立。同時に、ひきこもりや不登校児の教育も開始。
1995年には、小学4年生から中学3年生対象の進学塾「スクールFC」を設立。
教育信条は、子どもを「メシが食える魅力的な大人に育てる」こと。
テレビ出演のほか、ラジオ、雑誌、新聞などにおいても、そのユニークな教育手法が紹介されている。著書は、『夫は犬だと思えばいい。』(集英社)、『わが子を「メシが食える大人」に育てる』(廣済堂出版)、『大人の「メシが食える力」10』(マガジンハウス)など多数。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ