放送内容

#21  吉田友和・10日もあれば世界一周

2014年08月31日 放送

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

世界一周の旅は、もはや夢ではなくなった。昔に比べて格段に安く簡単に行けるようになったのだ。最大の理由は、各航空アライアンスが発売する「世界一周航空チケット」。有効期限は1年間、値段はおよそ30万円。著者である吉田さんはこのチケットを使って、わずか10日間でアジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカを巡る世界一周の旅を成功させた。弾丸旅行とはいえ、達人の旅はただのスタンプラリーでは終わらない。短期の旅を楽しむ、コツを伝授する。

筆者のプロフィール

吉田友和(よしだともかず)

1976年千葉県生まれ。出版社勤務を経て、2002年、初海外旅行にして夫婦で世界一周を敢行。2005年に旅行作家としてデビュー後、国内外を旅しながら執筆活動を行う。著書に『3日もあれば海外旅行』(光文社新書)、『自分を探さない旅』(平凡社)、『めざせプチ秘境!』(角川書店)、妻・松岡絵里との共著に『はじめての世界一周』『世界も驚くニッポン旅行100』(ともにPHP研究所)、『世界一周デート』(幻冬舎文庫)などがある。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

「10日もあれば世界一周」

大型連休、転職の合間、新婚旅行、リフレッシュ休暇など、忙しく働く現役社会人でも、10日から2週間程度の休みを確保できるチャンスはあるだろう。
同じ世界一周といっても長期と短期では、旅行のスタイルや内容はガラリと変わる。今回は短期に絞り込み、10日間世界一周を実践。旅を振り返りつつ、その実現方法について綴る。
およそ200ヶ国もある中から、どこを、どんな順番で回るか。世界地図を広げるところから始めよう。

蜜読コーナー 売り込み本

「人生はニャンとかなる! 明日に幸福をまねく68の方法」 (文響社)

《内容紹介》
70万部突破!オリコン2014年上半期のBOOK部門1位を獲得!
ベストセラー「人生はワンチャンス! 」の待望の猫編。68枚のカワイイ猫の写真とその写真にマッチしたキャッチコピー、さらに272個の偉人の逸話・格言で、人生で大切な教えが学べる新しいタイプの本。
普通の本として読むこともできますが、1ページ1ページが切り離せるので、部屋に貼ったり、プレゼントしたりもできるお得な一冊です。
《著者プロフィール》
水野敬也(みずの けいや)
慶応義塾大学経済学部卒。著書に200万部を突破した「夢をかなえるゾウ」(飛鳥新社)ほか、 「ウケる技術」(共著、新潮文庫)、「四つ話のクローバー」(文響社)、 「雨の日も、晴れ男」(文春文庫)、「大金星」(小学館)がある。また、恋愛体育教師・水野愛也としての活動「『美女と野獣』の野獣になる方法」 (文春文庫)、講演DVD「スパルタ恋愛塾」(ポニーキャニオン)や、 漫画「LOVE理論」(双葉社)の原案、DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」(ビクターエンタテインメント)の 企画・脚本など活動は多岐にわたる。

長沼直樹(ながぬま なおき)
日本大学芸術学部卒。学生時代は広告制作とドキュメンタリー表現を学ぶ。 ACC学生CMコンクール銀賞受賞。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ