放送内容

#127  安西巧・広島はすごい

2016年09月18日 放送

  • ©BS日テレ

今回のお客様は、日本経済新聞社広島支局長の安西巧さん。最新作「広島はすごい」を携えてご来店。赴任して1年なのに広島にハマってつい書いてしまったという安西さん。広島カープ、マツダが復活した理由とは?「群れない、媚びない、靡かない」広島の魅力って?今日は広島についてとことん深読みします。

筆者のプロフィール

安西 巧(あんざい たくみ)

1959(昭和34)年福岡県北九州市生まれ。日本経済新聞社広島支局長。早稲田大学政治経済学部を卒業後、日経新聞に入社。主に企業取材の第一線で活躍している。著書・共著に『経団連 落日の財界総本山』『さらば国策産業』『誰が銀行をつぶしたか』などがある。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

広島はすごい

マツダもカープも大復活。「独自の戦略」で勝て!
三期連続で最高益を更新したマツダ。新球場の設立以来売り上げが二倍になった広島カープ。両者に共通するのは、限られたリソースを「これ!」と見込んだ一点に注いで結果を出したことだ。独自の戦略を貫くユニークな会社や人材が輩出する背景には何があるのか。日経広島支局長が、「群れない、媚びない、靡かない気質」「有吉弘行や綾瀬はるかが体現する県民性」などに注目し、「今こそ広島に学べ」と熱く説く。

蜜読コーナー 売り込み本

「京都・有次の庖丁案内」小学館

《内容紹介》
創業450年の老舗が教える庖丁の研ぎ方
京都・錦市場商店街に店を構える小さな庖丁店「有次 錦店」。
連日にぎわいを見せるこの店の秘密を一冊にまとめました。450年の歴史を以てして、今なお前進を続ける老舗の小さな商いのこだわり、日本が誇る職人仕事の凄み、そしてそれを使う人々の道具への思いを丹念に取材、庖丁の買い方から手入れの仕方まで、有次の庖丁をめぐるすべてがこの本に凝縮されています。すべての文章に英語も併記。
《著者プロフィール》
著者 藤田 優
翻訳 Asher Ramras , Michael Ramirez
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ