放送内容

#121  齋藤孝・語彙力こそが教養である

2016年08月07日 放送

  • ©BS日テレ

今回のお客様は、明治大学の教授でもありニュース番組のコメンテーターとしても活躍する齋藤孝さん。10万部を突破した「語彙力こそが教養である」を携えてご来店!「語彙」ってそもそも一体なに?「語彙力」がその人の知性を決める!?語彙力を高めるカギはテレビにあった!見ればあなたの語彙力が上がる1時間です。

筆者のプロフィール

齋藤孝(さいとう たかし)

1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科学校教育学専攻博士課程等を経て現在は、明治大学教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。日本テレビ『世界一受けたい授業』に講師として出演の他、NHK Eテレ『にほんごであそぼ』、の企画・監修を担当。主な著書に「声に出して読みたい日本語」(草思社)「3色ボールペンで読む日本語」(角川文庫)「気の力―場の空気を読む・流れを変える」(文藝春秋)など多数

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

語彙力こそが教養である

その一言から知性は見抜かれる。誰でもできる珠玉の言葉を血肉にする技術。
ビジネスでワンランク上の世界にいくために欠かせない語彙力は、あなたの知的生活をも豊かにする。読書術のほか、テレビやネットの活用法など、すぐ役立つ方法が満載!読むだけでも語彙力が上がる実践的な一冊です。

蜜読コーナー 売り込み本

「ハッキヨイ!せきトリくんひよの山の英会話に待ったなし!」 Jリサーチ出版

《内容紹介》
日本の国技「相撲」。他のスポーツとはちがって、生身の体と体のぶつかり合うド迫力。その魅力にとりつかれるファンが、日本だけでなく、海外に広がっています。イケメン力士、スージョ(相撲女子)という言葉が近年生まれ、ヨーロッパの多くの地域で大相撲のTV中継網が拡大。相撲ファン人口が世界的に増える今、相撲のことを英語で語れることは大きな強みになります。「ごっつぁんです」「気合いれよう!」「おつかれさまです」など、言えそうで言えない英語表現も身につきます。
《著者プロフィール》
絵:にしづか かつゆき
1965年山形県新庄市生まれ。キャラクターデザイナーとして、ハッキヨイ!せきトリくんをはじめ、ロッテTOPPOのノッポトッポちゃん、川崎フロンターレのカブレラなど、たくさんのキャラクターを制作。TVCMなどの企業広告を手掛けるほか、千葉ロッテマリーンズのユニフォーム、ラグビー日本代表のユニフォーム、などをアートディレクション。クリエイティブディレクター・アートディレクター・デザイナー・イラストレーターとして幅広く活動している

文:リサ・ヴォート
アメリカ・ワシントン州生まれ。メリーランド州立大学で日本研究準学士、経営学学士を、テンプル大学大学院にてTESOL(英語教育学)修士を修める。専門は英語教育、応用言語学。2007年から2010年までNHKラジオ「英語ものしり倶楽部」講師を務める。現在、明治大学特任教授、青山学院大学非常勤講師として教鞭を執りながら、異文化コミュニケーターとして新聞・雑誌のエッセイ執筆など幅広く活躍。一方、写真家として世界6大陸50カ国を旅する
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ