放送内容

#105  岩合光昭・野生動物カメラマン

2016年04月17日 放送

  • ©BS日テレ

今回のお客様は、動物写真家の岩合光昭さん。野生動物のあるがままの姿を集めた「野生動物カメラマン」を携えてご来店。
40年以上に渡り、世界中で動物を撮り続けている岩合さん。その理由を「動物のことがわからないから知りたいと思って」と語ります。
ライオンの母と子が鼻をくっつけた瞬間、地上最大の肉食動物・ホッキョクグマの撮影秘話など、1時間たっぷりお伺いします。

筆者のプロフィール

岩合 光昭(いわごう みつあき)

1950年、東京都生まれ。動物写真家。19歳の時、同じく動物写真家だった父・岩合徳光氏の助手として訪れたガラパゴス諸島で動物写真家になることを決意。以来40年以上にわたり、地球上のあらゆる場所で動物を撮り続けている。写真集に木村伊兵衛写真賞を受賞した『海からの手紙』、世界中でベストセラーとなった『おきて』など多数。集英社創業90周年記念企画『世界の動物遺産 世界編・日本編』にも多くの写真を提供している。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

岩合光昭・野生動物カメラマン

見られているのは人間だ。
世界的動物写真家・岩合光昭。今やライフワークとも言えるネコの写真でその名前を知る人も多いだろう。だが、彼の真骨頂は野生動物の撮影にある。サバンナでライオンの母子が鼻をくっつけ見つめ合う姿、中国奥地で80センチの至近距離から撮ったジャイアントパンダの授乳シーン、アラスカの海でザトウクジラが見せた迫力のバブル・ネット・フィーディング…。なぜそんな劇的な瞬間が彼にだけ訪れるのか。世界中の人々を魅了してやまない数多の写真と共に、驚きの舞台裏と野生動物への尽きせぬ想いを綴る。

蜜読コーナー 売り込み本

「小林弘幸式2週間プログラム 朝だけ腸活ダイエット」 ワニブックス

《内容紹介》
太りやすい、体重が減っても痩せない、下腹ぽっこり、そして便秘に肌あれ……。
そんな女性を悩ます問題をまとめて改善してくれるのが、「腸内環境」と「自律神経」のスペシャリスト、小林弘幸先生が伝授する「朝だけ腸食とっておきのダイエット」です。
メソッドはたったの4つ、期間はたったの2週間!朝だけのかんたん腸活であたらしい自分に生まれ変わりましょう。さらに今回は小林先生が実際に食べている食品と、小林家の朝食レシピを初公開!!
《著者プロフィール》
小林 弘幸(こばやし ひろゆき)
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ