放送内容

#104  丹羽宇一郎・人類と地球の大問題

2016年04月10日 放送

  • ©BS日テレ

今回のお客様は、経済界の重鎮・丹羽宇一郎さん。最新作「人類と地球の大問題」を携えてご来店。人口増加、食料、エネルギー不足など地球が抱える様々な問題。それらについて、ご自身の商社マン時代や中国大使時代の体験、さらに有識者への取材や、最新のデータを踏まえてわかりやすくまとめた1冊です。世界の紛争の原因は水だった!?日本の行く末は?そして、50年後の世界は…?地球について改めて深く考えさせられる1時間です。

筆者のプロフィール

丹羽 宇一郎(にわ ういちろう)

公益社団法人日本中国友好協会会長。1939年、愛知県生まれ。前・中華人民共和国駐箚特命全権大使。名古屋大学法学部卒業後、伊藤忠商事(株)に入社。98年に社長に就任すると、翌99年には約4,000億円の不良資産を一括処理しながらも、翌年度の決算で同社の史上最高益を計上し、世間を瞠目させた。2004年、会長就任。内閣府経済財政諮問会議議員、日本郵政取締役、国際連合世界食糧計画(WFP)協会会長などを歴任ののち、10年、民間出身では初の駐中国大使に就任。現在、早稲田大学特命教授、伊藤忠商事名誉理事。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

人類と地球の大問題

1972年に刊行されたベストセラー『成長の限界』は、「あと20年で石油は枯渇し、人類の成長は限界に達する」と警鐘を鳴らし、世界を震撼させた。結果的に、その予測は現実のものとはならなかったものの、あれから40年以上経ち、地球の人口は倍増し、温暖化も進み、食料や水の枯渇リスクも高まってきた。いまこそ、人類の英知が試されるときなのである。にもかかわらず、「なんとかなるさ」と知らん顔を決め込んでいる人間は、傲慢すぎるのではないだろうか―。著者が自らの商社マン時代、中国大使時代の体験も踏まえ、人類の未来を展望し、真の安全保障を考える一冊。

蜜読コーナー 売り込み本

「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」
すばる舎リンケージ

《内容紹介》
仕事、夢、お金、恋愛、パートナー、買い物、旅行──欲しいものを手に入れ、願望を次々と実現し、幸運を引き寄せる秘策を大公開! 3万人を鑑定してきた運命カウンセラーが、ノート1冊で人生を好転させる方法を教えます!
《著者プロフィール》
丸井 章夫(まるい あきお)
運命カウンセラー。ノート研究家。手相家。心理カウンセラー。国際ポジティブカウンセリング協会代表理事。
1972年、秋田県生まれ。明治大学政治経済学部卒。現在、開運ノート術セミナーを各地で開催し、のべ500人以上に幸運を引き寄せるノートの指導を行っている。幼少より人間の心理と精神世界に興味を持ち、その後、手相の知識を身につけて19歳でプロとして仕事をはじめる。以来、20年以上にわたり、のべ3万人以上の鑑定数を誇る。著書には、『成功と幸せを呼び込む手相力』(実業之日本社)、『100日で必ず強運がつかめるマップ アストロ風水開運法で恋愛・お金・健康…をGET!!』(心交社)、『あきらめ上手になると悩みは消える』(サンマーク出版)、『恋愛・結婚運がひと目でわかる 手相の本』(PHP研究所)、『手相で見抜く!成功する人 そうでもない人』(法研)がある。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ