放送内容

#2  柴門ふみ・バカボンのママはなぜ美人なのか 嫉妬の正体

2014年04月13日 放送

  • ©BS日テレ

恋愛漫画のヒットメイカー・柴門ふみさんが、初めて書き下ろした新書。テーマは<嫉妬>である。柴門さん曰く「女は幸福に嫉妬し、男は成功に嫉妬する」、そして「嫉妬こそが人を動かす原動力である」。柴門さん自身、嫉妬に苦しみながらも、これを力に変えることで人生を切り開いてきた。10歳年上の夫で同じく人気漫画家の弘兼憲史さんもまた、自身の漫画賞授賞パーティーで、実は妻の成功に嫉妬していたことを吐露したそうだ。人は誰でも嫉妬をする。だから嫉妬に翻弄される必要はない。嫉妬の正体を知れば、人生の重荷がだいぶ軽くなるはずだ。

筆者のプロフィール

#2 柴門ふみ

御茶ノ水女子大学卒。1979年漫画家デビュー。若者たちの恋愛をテーマにして『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『同窓生 人は、三度、恋をする』など多くの作品を発表している。またエッセイ集として『恋愛論』『青春とはなんだかんだ』などがある。
ペンネームは中学時代からファンであったポール・サイモンに由来している。

  • ©BS日テレ

書籍の紹介

  • ©BS日テレ

「バカボンのママはなぜ美人なのか」

嫉妬が今の私を作った!
なぜバカボンのママは非の打ちどころのない美人なのに誰からも嫉妬をされないのか?嫉妬という世にも不可解かつ、強い強い感情を読み解くカギはここにあった!
「東京ラブストーリー」「同級生」など国民的人気を博した注目作品を描いた柴門ふみが、自身の体験を元に嫉妬の正体に迫る1冊!!

蜜読コーナー 売り込み本

「長友佑都体幹トレーニング20」 長友佑都 (KKベストセラーズ)

《内容紹介》
「体幹トレーニングと出会わなければ今の僕はない」そう断言するインテル・長友佑都選手。その長友選手を作り上げた体幹トレーニングを初めて一冊にまとめました。
本人がモデルとなり、やり方、呼吸法などポイントを紹介しています。
特徴は、実際に行ってきたトレーニングを20個厳選している点。
そしてその20個から、「ダイエットしたい」「腹を凹ませたい」「腰痛を解消する」「キック力を上げる」「ぶれないカラダ」「投げる力をつける」「姿勢をよくする」「疲れないカラダ」という目的別のトレーニングメニューと長友選手の小学生時代から現在までを振り返りながら綴る年代別のトレーニングも紹介しています。初心者から上級者まで無理なく、高い目標を実現できる至高の1冊となっています。
本書の使い方 Chapter1 長友式トレーニング5つのポイント
1・体幹トレーニングで人生が変わる
2・継続できる立ったひとつの方法
3・脳を使いながら鍛える
4・自分の体を知る
5・連動しなければ意味がない
Chapter2 ストレッチ編 体をほぐす10のストレッチ
Chapter3 実践編 厳選! 体幹トレーニング20
Chapter4 トレーニングメニュー
・目的別トレーニングメニュー「ダイエットしたい」「腹を凹ませたい」「腰痛を解消する」「キック力を上げる」
「ぶれないカラダ」「投げる力をつける」「姿勢をよくする」「疲れないカラダ」
・年代別トレーニングメニュー
Chapter5 超実践編 ワンランク上を目指したい人へ!  4つのストレッチと6つの上級トレーニング
《著者プロフィール》
長友佑都(ながとも ゆうと)
1986年9月12日生まれ。愛媛県出身。
小学校1年生のときにサッカーを始める。西条北中学校を経て東福岡高校へ進学。3年次には高校選手権に出場。
2005年、明治大学に入学し、在籍中に特別指定選手としてFC東京でJリーグデビューを果たす。在学中にはヘルニア、腰痛分離症を患うなどケガに悩まされるが、体幹トレーニングに取り込むことで解消。以降、体幹トレーニングに取り組み続ける。
2008年にはFC東京に加入し、同年の北京オリンピックに出場。2010年にはワールドカップ南アフリカ大会に出場し、同年イタリア・セリアAのA.C.チェゼーナに加入。2011年には世界のトップクラブのひとつインテル・ミラノに移籍するなど世界を代表するサイドバックとして活躍する。
2013年シーズンはインテルでゲームキャプテンを務めるなど絶対的なレギュラーとしての地位を確立。
2013年AFC年間国際最優秀選手賞受賞。
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
BS日テレ