2夜連続 特別番組

第1夜 3月25日(土)19:00~20:54放送、 第2夜 3月26日(日)19:00~20:54放送

ご意見・ご感想

BS日テレ番組紹介 エンタメ・情報

番組概要

これまで2年にわたり、BS日テレの期末期首特別番組として放送、好評だった「心の絆!旅立ちスペシャル~エール!輝く君の明日のために」。今年も3月に、再び皆様にさわやかな「旅立ち」の涙と感動のエールをお届けします。春、3月、桜の花が舞い散る卒業シーズン。それは、別れと旅立ちの季節。学生たちはもちろん、定年退職や仕事や人生の新たなステージに向け、多くの人が旅立つ時期です。そんな旅立つ人々へエールを贈るハートウォーミングなドキュメント番組!長い間、一緒にいた家族、大切な友人たちと別れる淋しさを乗り越え、新たな世界に向かおうとする人々の、折れそうな気持ちを支えるのは、「心の絆」です。それまで築いてきた「心の絆」が、旅立つ人々をどのように奮い立たせ、勇気を与えてくれるのか?今回も、そんな卒業シーズンならではの「心の絆」のドラマをドキュメント!「別れ」と「旅立ち」にスポットを当てたとき、浮かび上がる「心の絆」の大切さとは・・・?

あらすじ

第1夜 3月25日(土)放送

競走馬の装蹄師になりたい!19歳の新たな旅立ち!

北海道出身の木田悠太さん、栃木の装蹄教育センターで学ぶ19歳。小さい頃、競馬を見て馬に夢中になり、学生時代は馬術部と馬一筋。自分が装蹄した馬が海外レースで活躍するのが夢だという。今回、装蹄師の資格試験に挑む!果たして、無事に装蹄師になれるのか?

北海道出身の木田悠太さん、栃木の装蹄教育センターで学ぶ19歳。小さい頃、競馬を見て馬に夢中になり、学生時代は馬術部と馬一筋。自分が装蹄した馬が海外レースで活躍するのが夢だという。今回、装蹄師の資格試験に挑む!果たして、無事に装蹄師になれるのか?

第2夜 3月26日(日)放送

保育士をやめ夢のパフォーマーに!転職・結婚、波乱の旅立ち!

保育士だった上杉潤一さん32歳は、子どもたちにマジックを披露しては喜ばれていたことから、パフォーマーになりたいとの夢を抱くようになり、昨年10月、保育園を退職。専門家の指導を受け、プロパフォーマーとして生きることを決意した。実は昨年12月に結婚し、新妻と新居での生活を開始して間もない上杉さんだが・・・。

保育士だった上杉潤一さん32歳は、子どもたちにマジックを披露しては喜ばれていたことから、パフォーマーになりたいとの夢を抱くようになり、昨年10月、保育園を退職。専門家の指導を受け、プロパフォーマーとして生きることを決意した。実は昨年12月に結婚し、新妻と新居での生活を開始して間もない上杉さんだが・・・。

目指せ!植木職人!定年退職し第2の人生へ旅立ち

多摩職業能力開発センターで人気なのが「庭園施工管理」。造園など植木職人になるための講座だ。ここに、ソフトウェア会社を定年退職し、第2の人生として植木職人を目指す永峰さんがいる。卒業制作の造園をしながら、師事する親方を探す日々に密着!

多摩職業能力開発センターで人気なのが「庭園施工管理」。造園など植木職人になるための講座だ。ここに、ソフトウェア会社を定年退職し、第2の人生として植木職人を目指す永峰さんがいる。卒業制作の造園をしながら、師事する親方を探す日々に密着!

一人で食事をする子供たちに食事を提供する場「こども食堂」を始めようとするお母さんの旅立ち!

地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間発の取り組み。事情があって十分に食事できなかったり、一人で夕食を食べたりしている子どもたちに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった。一人さみしく食事をする子どもたちは6人に1人と言われている。子育てが一段落、そうした子どもたちに食事を提供する場「こども食堂」を横浜市金沢区で始めようとするお母さんに密着。

地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間発の取り組み。事情があって十分に食事できなかったり、一人で夕食を食べたりしている子どもたちに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった。一人さみしく食事をする子どもたちは6人に1人と言われている。子育てが一段落、そうした子どもたちに食事を提供する場「こども食堂」を横浜市金沢区で始めようとするお母さんに密着。

伊豆諸島・神津島の高校に離島留学する新高校生の決意!

東京から180キロ、伊豆諸島の一つ神津島にある都立神津高校。定員割れによる廃校への危機感から、23区など島外から留学する新入生を募集した。離島留学に興味を持った生徒は10名 最終的に3名の候補者が決まった。彼らはなぜ、便利な都会の生活を捨て、島での高校生活を選んだのか?その旅立ちに密着する!

東京から180キロ、伊豆諸島の一つ神津島にある都立神津高校。定員割れによる廃校への危機感から、23区など島外から留学する新入生を募集した。離島留学に興味を持った生徒は10名 最終的に3名の候補者が決まった。彼らはなぜ、便利な都会の生活を捨て、島での高校生活を選んだのか?その旅立ちに密着する!

イルカのトレーナーになりたい!夢を追って和歌山へ一人旅立つ!

小学生の時に水族館でイルカショーを見て以来、イルカのトレーナーの夢を追い続けてきた20歳の宮崎葉月さん。動物専門学校を今年の春卒業、和歌山の水族館で、夢のイルカトレーナーとしての第一歩を踏み出す。その旅立ちと新米トレーナーとしての戦いの日々に密着!波乱の旅立ちを追う!

小学生の時に水族館でイルカショーを見て以来、イルカのトレーナーの夢を追い続けてきた20歳の宮崎葉月さん。動物専門学校を今年の春卒業、和歌山の水族館で、夢のイルカトレーナーとしての第一歩を踏み出す。その旅立ちと新米トレーナーとしての戦いの日々に密着!波乱の旅立ちを追う!

スポンサー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BS日テレ