世界が選んだ日本人            マスター・オブ・ワイン 大橋健一

6月12日(日)16:00~17:25

世界が選んだ日本人            マスター・オブ・ワイン 大橋健一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、一人の日本人に世界中の熱い注目が集まっている。大橋健一、49歳。
昨年、彼は世界のワイン業界で、最も権威と影響力を持つ最高峰の資格
“マスター・オブ・ワイン”に日本在住の日本人として、初めて合格したのだ。

現在、世界で340人しかおらず、日本人が合格するのは「不可能では?」と言われていた資格。
マスター・オブ・ワインは、ソムリエとは違い、
世界中のワイン業者から絶大なる信用を得て販売戦略を練り、コンサルティングを行う。
ワインのトレンドを発信し、「世界のワインマーケット」に影響を与える存在となるのだ。
事実、称号を得てからの大橋には、休みが取れないほど仕事のオファーが。
その結果、世界中を飛び回る日々が続いているが、
彼が「新たなトレンド」になり得ると注目しているのが「ギリシャワイン」。
まだまだ「フランスワイン信奉」が根強い日本に「ギリシャワインマーケット」を作るため、
大橋はギリシャへ渡った。
「世界に選ばれた、たった一人の日本人」となった、大橋健一。
東京オリンピックを控えた、「日本のワインマーケット」が今、
彼の手によって変わろうとしている。
日本初の偉業を成し遂げ、進み続ける大橋の日々に密着する。