TOP番組概要放送内容ご意見・ご感想

放送内容

2010年6月15日放送 トロピカルカラーの魚たち


トロピカルカラーの魚たち

©BS日テレ

那覇の台所、泊漁港内にある鮮魚卸売市場。沖縄ならではのカラフルな魚がいっぱいです。今回のゲスト、魚に詳しいよっちゃんに、沖縄の魚を紹介してもらいます。

鮮魚卸売市場

那覇市港町1-1-18 TEL: 098-861-4711 
※市場見学の場合は事前の許可が必要です

©BS日テレ
アカマチ(和名:ハマダイ)
©BS日テレ
クチナジ(和名:イソフエフキ)
©BS日テレ
イラブチャー(和名:ブダイ)
©BS日テレ
アバサー(和名:ハリセンボン)
©BS日テレ
クルキンマチ(和名:ヒメダイ)
©BS日テレ
ビタロー(和名:ハナフエダイ)
©BS日テレ
ナガジューミーバイ
(和名:オジロバラハタ)
©BS日テレ
グルクン(和名:タカサゴ)
©BS日テレ
イラブー(和名:エラブウミヘビ)
©BS日テレ

実は沖縄は生マグロの水揚げ量が日本有数を誇るマグロ産地です。水揚げしたマグロの多くは東京・築地に出荷されるそうですが、今の時期は県内市場にも多く出回っており、しかも全国に比べ格安で本マグロが楽しめます。

©BS日テレ

セリで落とすと、卸売市場内の一画で、ノコギリを使って本マグロを解体し、隣の建物、泊いゆまちの魚解体処理室で本格的な解体をします。
二人は、希少部位であるカマトロ部分を味見させてもらうことに。

 
©BS日テレ

泊漁港内に入ると正面に見えるのが、泊いゆまち。『いゆ』とは魚、『まち』は市場の意味です。その日、水揚げされた新鮮な魚を複数の鮮魚店で販売、それ以外のものは、スーパーなどへ配達されます。沖縄らしいカラフルな魚を観るだけでも楽しい場所です。

泊いゆまち

那覇市港町1-1
営業: 6:00〜18:00

 
©BS日テレ

泊いゆまちの裏手に見えるのが、まぐろ食堂。那覇地区漁業共同組合直結だけあって、新鮮な刺身、焼き魚、海鮮丼などが食べられます。

まぐろ食堂

那覇市港町1-1-9(泊漁港内)
TEL: 098-863-5475 
営業: 10:00〜16:00
定休日: 市場が休みの日はお休みします

久乃さんが選んだのは、まぐろ食堂定食、通称、まぐろづくし。よっちゃんが選んだのは日替わりで楽しい、本日限定定食のビタローバター焼き定食。魚三昧の1日を過ごした久乃さんとよっちゃんでした。

※写真2番目・・・日替わり定食
※写真3番目・・・ビタローバター焼き定食

 

▲ページトップ