放送内容

2015年10月15日 放送

#94 岩手・八幡平

岩手・八幡平の秋を満喫!桂菊丸&泉アキ夫婦がみちのくの絶景を愛でる旅

今回は、みちのく有数の紅葉の名所である岩手・八幡平へ。
桂菊丸と泉アキ夫婦が、岩手山麓の絶景地や温泉を巡りつつ、
八幡平山頂付近の紅葉を目指して旅をします。

1日目は、盛岡駅から八幡平市にバスで移動し、
国の特別天然記念物に指定されている「焼走り熔岩流」を見学。
「サラダファーム」で紅葉をイメージした寄せ植えを体験した後、
八幡平温泉郷へ。
その後、紅葉スポットである松川渓谷を散策し、
宿に向う途中に松茸の直売所を発見して格安で松茸を購入。
宿は十和田八幡平国立公園の中にある高原リゾート。
紅葉を眺めながら露天風呂で一息ついたら、
三陸沖の魚介類や前沢牛など地元岩手の食材を使った夕食に舌鼓。
さらに直売所で買った松茸を特別に調理してもらい、炭火焼で堪能しました。

2日目は、くだもの畑でプルーンや山ぶどうといった
八幡平の秋の味覚を収穫体験。
松川温泉に移動して地熱蒸気を使った日本で唯一の染物工房を訪れました。
そこで紅葉をイメージしたバンダナの染色に挑戦。
ブナやナラの原生林に囲まれた宿で部屋から紅葉を楽しみ、
みちのくの秋を満喫。山の幸や松川温泉名物のホロホロ鍋を
味わった後は、旅だからこそ言える本音を話し合い、絆を確かめました。

3日目は、宿のガイドさんが近くの森を案内してくれる散歩に参加した後、バスで標高1400メートルの天空の露天風呂「藤七温泉」に移動。
雨のため、山頂の紅葉は断念する事になりましたが
みちのくの秋を満喫して夫婦の絆が強まる2泊3日の旅でした。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

1日目のしおり

名称焼走り熔岩流
ホームページhttp://www.hachimantai.or.jp(八幡平市観光協会公式サイト)
備考JR「盛岡駅」より岩手県北バスで約40分「道の駅にしね」下車 徒歩で約40分
名称サラダファーム(ガーデンマルシェ)
住所岩手県八幡平市平笠第2‐6‐333
ホームページhttp://salad-farm.jp/index.html
営業時間9時~17時まで
定休日期間中無休
料金寄せ植え体験 ※料金は鉢、苗代により異なります。
備考岩手県北バス「新田口」下車 徒歩で約40分
名称松茸直売所(森林ふれあい学習館)
住所岩手県八幡平市松尾寄木字沼利515-5
営業期間10月末で終了予定
備考岩手県北バス「県民の森」下車 徒歩すぐ
名称八幡平ハイツ
住所岩手県八幡平市松尾寄木1-590-4
ホームページhttp://8mantai.jp
営業時間チェックイン:15時、チェックアウト:10時(*プランによって異なります)
料金黒倉の間2万5000円~(1泊2食付)
※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考岩手県北バス「八幡平ハイツ」下車 徒歩すぐ

2日目のしおり

名称果物収穫体験
ホームページhttp://www.hachimantai.or.jp(八幡平市観光協会公式サイト)
料金収穫体験料500円~
備考※収穫体験の時期や場所等については八幡平観光協会にお問い合わせください
名称八幡平地熱蒸気染色
住所岩手県岩手郡松尾村寄木松川国有林559林班ヲ小班
ホームページhttp://www.geo-color.com
営業時間8時30分~17時
定休日不定休
料金※要予約(料金は予約する際に確認してください)
※染色する素材により異なります。
備考岩手県北バス「松川荘口」下車 徒歩で約7分
名称松川温泉 峡雲荘
住所岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
ホームページhttp://www.kyounso.jp
営業時間チェックイン:15時、チェックアウト:10時
定休日不定休
料金1万3650円~(1泊2食付)
※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考岩手県北バス「松川温泉」下車 徒歩すぐ

3日目のしおり

名称藤七温泉 彩雲荘
住所岩手県八幡平市松尾寄木北の又
ホームページhttp://www.toshichi.com
営業時間入浴のみご利用の方は8時~18時まで
営業期間4月下旬~10月下旬
料金入浴料 大人600円 小学生以下300円
備考岩手県北バス「藤七温泉」下車 徒歩すぐ

▲ページトップへ

BS日テレ