放送内容

2015年05月29日 放送

#80 三重・伊勢街道

神々が宿る…三重・伊勢街道 伊藤かずえ&比企理恵の開運ぶらり旅

“神々が宿る”…パワースポットが点在する伊勢街道。
古より、“伊勢神宮への参拝道”として人気の伊勢街道を旅するのは、
ドラマで共演して以来30年の仲という、女優の伊藤かずえと比企理恵。
2人が人気のパワースポットと極上のグルメを堪能する旅に出かけます。

1日目。
東海道五十三次の宿場町として栄えた関宿からスタート。
江戸時代賑わいを見せたという関宿で、当時の面影に触れます。
そして、聖徳太子によって建立されたと伝わるお寺で、
2人は初めての座禅体験!
夕食は松阪で老舗の割烹旅館の極上松阪牛フルコースを堪能します。

2日目。
松阪から海辺の町・二見へ。
訪れたのは、伊勢神宮を詣でる前に身を清める場としても知られる
海辺の神社。
自然が作った開運スポット“夫婦岩”のパワーに2人もあやかります。
その後、伊勢神宮を参拝。
緑豊かな鎮守の森は2人を優しく迎え入れてくれます。
さらに、お伊勢参りに欠かせない門前町を散策。
この日の宿は、伊勢ならではの趣向を凝らした豪奢な宿。
陽光降り注ぐ露天風呂を満喫し、夕食は、アワビの絶品踊り焼きに舌鼓。
伊勢ならではの魚介料理と美味しいお酒は30年来の友との語らいに
花を添えます。

3日目。
伊勢街道より先にある鳥羽まで足をのばします。
海に佇む小さな海女小屋で、海女さん達との触れ合い。
海女さんが焼いてくれる新鮮魚介を堪能します。
そして、彼女達が教えてくれた開運スポットへ。
そこは、“女性の願いをひとつ叶えてくれる”と伝わる、由緒ある神社。
2人は、思い思いの願いを胸に、2泊3日の旅をしめくくりました。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

1日目のしおり

名称関宿 旅籠玉屋歴史資料館
住所亀山市関町中町444-1
ホームページhttp://www.kameyama-kanko.com/home/genre/history/seki03/
営業時間9時~16時30分
定休日月曜日(月曜日が祝日・振替休日のときは翌日)
料金入館料 300円
備考関駅から徒歩約10分
名称四天王寺
住所三重県津市栄町1丁目892
ホームページhttp://www.sitennoji.net/
営業時間境内自由
定休日なし
料金坐禅体験 1人 1,000円(お抹茶・お菓子代込み)※要予約
備考津駅から徒歩約10分
名称割烹旅館 八千代
住所三重県松阪市殿町1295
ホームページhttp://www.yachiyo-web.co.jp/
拝観時間チェックイン:15時 チェックアウト:10時
定休日なし
料金“名産松阪牛・牛肉懐石”宿泊コース 25,000円(1泊2食付き)
備考松阪駅から徒歩約7~8分

2日目のしおり

名称二見興玉神社
住所三重県伊勢市二見町江575
ホームページhttp://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/
参拝時間境内自由
定休日なし
料金拝観料 無料
備考二見浦駅から徒歩約15分
名称伊勢神宮 内宮
住所三重県伊勢市宇治館町1
ホームページhttp://www.isejingu.or.jp/
参拝時間(正宮)5月から8月  5時~19時
定休日なし
料金拝観料 無料
備考三重交通“CANばす” 内宮前下車すぐ
名称ホテル 斎王の宮
住所三重県伊勢市佐八町池の上1165−1
ホームページhttp://www.saiounomiya.com/
営業時間チェックイン 14時~11時
定休日なし
料金宿泊費 30,240円~(1泊2食付)※宿泊日によって値段が異なります
備考宇治山田駅から車で約10分 ※宇治山田駅より送迎バスあり

3日目のしおり

名称相差かまど
住所三重県鳥羽市相差町 海女小屋・おぜごさん相差かまど
ホームページhttp://www.toba.or.jp/amahut/amahut.htm
営業時間9時~17時
定休日不定休
料金ランチタイム(相差で獲れた旬のもの)3,500円~※4名以上から要予約(2日前の17時まで)
※料金は、料理内容により変わります
備考かもめバス「鳥羽・国崎線」 相差下車  徒歩約15分
名称神明神社(石神さん)
住所三重県鳥羽市相差町1385
ホームページhttp://www.toba.gr.jp/101/post_288.html
営業時間境内自由
定休日なし
料金拝観料 無料
備考かもめバス「鳥羽・国崎線」 相差下車 徒歩約5分

▲ページトップへ

BS日テレ