放送内容

2016年8月11日 放送

#118 青森

青森・奥入瀬~八甲田 水と緑の爽やか散歩道 佐伯チズ&南美希子 自然満喫のんびり二人旅

今回は、美容家の佐伯チズとタレントの南美希子が
青森・奥入瀬から八甲田へ、水と緑の爽やかな散歩道を巡ります。

旅の1日目。先ずはJR八戸駅から奥入瀬渓流へ…。
奥入瀬渓流は滝や清流、森の緑など、見どころがたくさんあります。
中でも"銚子大滝"は横幅約20m、落差7mほどですが、
圧倒的な水量を誇り、その姿に心打たれ癒された2人。
この日の宿では、八甲田から湧き出る源泉かけ流しの湯と
青森りんごを贅沢に使った高級ビュッフェを堪能しました。

旅の2日目。早朝の奥入瀬渓流を散策後、バスで十和田湖へ。
ここでは、ゴムボートで十和田湖を巡るツアーに参加。
ダイナミックでスリリングなボートツアーに悲鳴を上げながらも満喫した
2人が次に向かったのは、八甲田の山裾にある谷地温泉。400年以上の歴史があると言われる温泉宿では、湯船の底から直接湧き出る温泉を楽しみ、
イナワ尽くしの贅沢な御膳に舌鼓。

旅の3日目。青空のもと、八甲田山麓を進むバスの車窓に飛び込んできたのは、
有名な酸ケ湯温泉。ここから歩くこと約10分で地獄沼に到着。
この地獄谷は、火山活動の名残で硫黄を含んだガスが噴き出していて、
荒涼とした景観が広がっています。
その後2人は、ロープウェーに乗って八甲田連峰のひとつ、
田茂萢岳(たもやちだけ)山頂を目指しました。
トレッキング気分を味わいながら歩いて到着した展望台。
山の頂きを覆っていた霧も晴れ、美しい八甲田の山々が姿を見せてくれました。

涼やかな風が通り抜ける青森・奥入瀬から八甲田へ。
2人の胸にいつまでも残る2泊3日の旅でした。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

1日目のしおり

名称奥入瀬渓流
住所(渓流の駅おいらせ)青森県十和田市奥瀬栃久保11番地12
備考JRバス東北 おいらせ号「焼山」下車
名称星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
住所青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
ホームページhttp://www.oirase-keiryuu.jp/
営業時間チェックイン:15時 チェックアウト:12時
料金※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考JRバス東北 「焼山」下車すぐ

2日目のしおり

名称十和田神社
住所青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
料金おより紙
200円
備考JRバス東北 「十和田湖(休屋)」下車すぐ
名称グリランド
住所青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔宇樽部123-1
ホームページhttp://guriland.jp/
営業時間8時~17時
料金RIB ツアー
4000円~(要予約)
※定員未満の場合は予約なしでも乗船できます。
備考 JRバス東北 「下宇樽部」下車 徒歩約1分
名称谷地温泉
住所青森県十和田市法量谷地1
ホームページhttp://yachionsen.com/
営業時間チェックイン:15時 チェックアウト:10時
料金※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考JRバス東北「谷地温泉」下車 徒歩約5分

3日目のしおり

名称地獄沼
住所青森県青森市荒川字南荒川山国有林内
備考JRバス東北 「酸ケ湯温泉」下車 徒歩約10分
名称八甲田ロープウェー
住所青森県青森市荒川寒水沢1-12
ホームページhttp://www.hakkoda-ropeway.jp/
営業時間9時~16時20分(冬季は15時40分まで)
料金ロープウェー 料金 1850円(往復)
備考JRバス東北 「ロープウェー駅前」下車

▲ページトップへ

BS日テレ