放送内容

2016年7月21日 放送

#117 広島・安芸灘

広島・安芸灘 島の景観美とレトロな町並み散策 ダチョウ倶楽部・肥後克広&娘 島周遊の旅

今回は、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広と二女の暁葉さんが
広島県の安芸灘の島々を旅します。

旅の1日目。瀬戸内海に面した港町、呉市からスタート。
路線バス乗り、安芸灘大橋を渡って「上蒲刈島」に到着。
まずは、ここでシーカヤックを体験。
その後、「大崎下島」に移動して御手洗地区を散策。
ここ御手洗は、江戸時代に貿易船などの寄港地として発展し、
現在も昔のままの貴重な建物が残されています。
この日の宿では、瀬戸内で獲れた"オコゼ"を丸ごと揚げて
豪快に手でちぎって頂き、大感激の2人でした。

2日目。「大崎上島」では、2人で自転車を借りて島の絶景散策。
歴史を感じさせる灯台や海面に立つ奇岩、
そして映画のロケ地に使われた古い町並みなど、父娘2人、
サイクリングを大いに楽しみました。
2日目の宿は、"安芸の小京都"と言われる「竹原」。
湯坂温泉の宿では、離れの囲炉裏で炭火焼料理を堪能。

3日目は、竹原の歴史情緒薫る町並みを…。
"しょうがせんべい"を食べたり、朝の連続ドラマ「マッサン」の
モデルとなった竹鶴政孝の生家を訪ねたりと大はしゃぎの2人。
そして竹原の絶景スポット「朝日山」から見る、瀬戸内に浮かぶ島々の
大パノラマに大感激!

ゆっくりと優しい島時間を過ごした2泊3日の旅でした。

  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ
  • ©BS日テレ

1日目のしおり

名称呉市蒲刈B&G海洋センター
住所広島県呉市蒲刈町大浦8160番地
ホームページhttp://www.bgf.or.jp/center/0187.html
定休日火曜日・年末年始
料金シーカヤック教室 (要予約)
高校生以上 3,000円 小中学生 2,000円 幼児(要相談) 1,000円
備考さんようバス「恋ヶ浜」下車 徒歩で約10分
名称御手洗町並み保存地区
住所広島県呉市豊町御手洗
ホームページhttp://www.yutaka-kanko.jp/walks/index.html (呉市豊町観光協会)
料金豊町観光ガイド 2500円(要予約)
備考瀬戸内産交「御手洗港」下車 徒歩すぐ
名称脇坂屋
住所広島県呉市豊町御手洗505番地2
ホームページhttp://www.wakisakaya.com/
営業時間営業時間 チェックイン:15時~  チェックアウト:~10時
料金※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考瀬戸内産交「住吉神社前」下車 徒歩すぐ

2日目のしおり

名称レンタサイクル(きのえ温泉 ホテル清風館)
住所広島県豊田郡大崎上島町沖浦1900
ホームページhttp://hotel-seifukan.co.jp/
料金レンタサイクル 1台1日500円
備考おと姫バス「清風館入り口」下車 徒歩で約5分
名称エデンの海
住所竹原市 忠海長浜3丁目
ホームページhttp://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=4306(広島県観光サイト)
備考 芸陽バス「長浜東」下車 徒歩で約5分
名称ホテル賀茂川荘
住所広島県竹原市西野町西湯坂445
ホームページhttp://kamogawaso.co.jp/
営業時間チェックイン:15時~  チェックアウト:~10時
料金※部屋のタイプ・季節などによって異なります。
備考芸陽バス「湯坂温泉入口」下車 徒歩で約7分

3日目のしおり

名称せんべい本舗 黒田
住所広島県竹原市本町3丁目6-18
営業時間8時~17時
定休日不定休
料金忠孝巌煎餅 600円 ~
備考芸陽バス「新開」下車 徒歩で約8分
名称ほり川醤油
住所広島県竹原市本町3丁目8番21号
営業時間10時~16時
定休日水曜日
料金かけ醤油(小)475円
備考芸陽バス「新開」下車 徒歩で約8分
名称朝日山
住所広島県竹原市下野町
ホームページhttp://www.takeharakankou.jp/guide/amuse/asahiyama.php(竹原市観光協会)
備考JR呉線竹原駅から山頂駐車場まで 車で約20分

JRおでかけネット

▲ページトップへ

BS日テレ